FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
よくあるclinical situationの問題であろう。
割れ問だったようです。
今後も、このような実践的な問題は増加していくだろう。
患者さんの状態を臨床的に客観的に評価していくべきだろう。


kyouku drain
胸腔drain挿入手技の手順
Open access peer-reviewed chapter Thoracic Trauma から



113B27

26歳の男性。胸痛を主訴に来院し入院した。
出張で午前中に飛行機に乗っていたところ、
右肩に軽い痛みが出現した。
到着後の空港で歩行中に呼吸困難を自覚し、
その後も症状が持続したため、近くの病院を受診した。
精査の結果、自然気胸の診断で入院となり、
胸腔ドレーンが挿入され持続吸引ドレナージが行われた。
翌朝、担当医が診察したところ、胸腔ドレーンが前日より20cm程度抜け、
ドレーン先端から5cm程度が体内にとどまっている状態であった。
患者は呼吸困難を訴えず、呼吸数16/分、SpO2 99%(room air)である。

まず行うべき対応はどれか。

a 持続吸引を中止する。
b 動脈血ガス分析を行う。
c 胸部エックス線撮影を行う。
d 持続吸引圧を2倍に上げる。
e 胸腔ドレーンを20cm押し込む。


解答:MOREへ



スポンサーリンク



解答

正解 c

正答率:51%


自然気胸患者に胸腔ドレーンが挿入されるも、
翌日にドレーンが20cmほど抜けた。

しかしながら、
呼吸困難を訴えず、呼吸数16/分、SpO2 99%(room air)
と呼吸状態は安定している。


×a 持続吸引を中止する。
呼吸状態は安定しているので、吸引を中止する必要はないだろう。

×b 動脈血ガス分析を行う。
SATがroom airで十分good。
BGAを行わなくてもいいのでは?

〇c 胸部エックス線撮影を行う。
ドレーンの位置を確認し、気胸が拡大していないかどうか確認すべきだろう。

×d 持続吸引圧を2倍に上げる。
bの説明通り、この処置も必要ないだろう。

×e 胸腔ドレーンを20cm押し込む。
まだドレーンの状態も不明なので押し込むのはいかがか?
むしろ汚染されたドレーンを押し込み、感染を引き起こすことにならないか?

関連記事
2019/05/03 00:01 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: