FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
昨日に続いて薬剤師の問題です。
これも簡単でしょう。


薬剤師国試 102-69

ある病院で新たに降圧薬Aを採用することになった。
そこで薬剤師Xは当該病院において、
高血圧患者にAを投与した場合と投与しない場合との間で、
消化器症状の発現率に差があるかを観察・調査する研究を計画した。
なお、高血圧患者にAを投与するか否かは、
それぞれの主治医による薬物治療上の判断に基づき、
薬剤師Xは介入しないものとした。
この研究に該当するのはどれか。1つ選べ。

1 randomized controlled trial
2 prospective cohort study
3 retrospective cohort study
4 case-control study
5 meta-analysis


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)



解答

正解 2

1 ×
randomized controlled trial(ランダム化比較試験)は、被験者を選び出すこと(抽出)、
被験者を介入群と対照群に振り分けること(割付)をランダム(無作為)に行う試験である。

2 〇
prospective cohort studyは、前向きコホート研究のことである。
本研究は、降圧薬Aを投与した場合の患者群と投与しない場合の患者群に分けて、
消化器症状の発現率に差があるかを前向きに観察調査しているため、
前向きコホート研究(要因対照研究)である。

3 ×
retrospective cohort study(後ろ向きコホート研究)は、すでにばく露が起こってしまった後で、
研究者が事後的に(後ろ向きに)その状況を調べ、さらにそこから、その集団を追跡調査することで、
疾病の発生を確認する方法である。

4 ×
case-control study(症例対照研究)は、結果から原因を推定する後ろ向き研究であり、
発症した疾患が要因曝露と関連性があるかを調査する方法である。

5 ×
meta-analysis(メタアナリシス)は、過去に独立して行われた
複数の臨床研究のデータを収集・統合し、
統計的方法を用いて解析した手法で、エビデンスレベル(信頼性)が最も高い研究方法である。

解説:e-REC 102-69 から


関連記事
2019/05/11 22:18 疫学・統計 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: