FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
芥川龍之介が晩年の書いた小説「歯車」で出てくるある症状について
類推する問題。
なかなか面白い問題です。

m86349101658_1.jpg
item.mercari.com/jp/m86349101658/ から



104F17

芥川龍之介著「歯車」の一部を以下に示す。

のみならず僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。
妙なものを? ― と云うのは絶えずまわっている半透明の歯車だった。
僕はこう云う経験を前にも何度か持ち合わせていた。
歯車は次第に数を殖やし、半ば僕の視野を塞いでしまう、
が、それも長いことではない、暫らくの後には消え失せる代わりに今度は頭痛を感じはじめる、
― それはいつも同じことだった。
「僕」の症状から最も考えられる疾患はどれか。

a 緑内障
b 片頭痛
c 脳内出血
d 緊張型頭痛
e 慢性硬膜下血腫


解答:MOREへ





関連記事(一部広告含む)




解答

正解 b

正答率:97%

104F17の解説

国際頭痛分類 第2版(ICHD-Ⅱ)「1.2 前兆のある片頭痛」と考えられます。

片頭痛前兆のうち、視覚症状、感覚症状、失語性言語障害の3つを典型的前兆といいますが、
本症例の「絶えずまわっている半透明の歯車」は視覚性前兆と考えられます。

典型的な視覚性前兆は、同名性、すなわち、視野の左右どちらか一方に出現することが多く、
「半ば僕の視野を塞いでしまう」というのも、左右どちら側かは書かれていませんが、
恐らく同名性の視覚症状を示している
と考えられます。

「前兆のある片頭痛」では、前兆の出現中もしくは本症例のように前兆後
(ICHD-Ⅱでは前兆後60分以内と定められている)に頭痛が生じます。

「1.2 前兆のある片頭痛」は、頭痛の性状が「1.1 前兆のない片頭痛」の診断基準を満たすか否かによって、
「1.2.1 典型的前兆に片頭痛を伴うもの」と「1.2.2 典型的前兆に非片頭痛様の頭痛を伴うもの」とに分類され、
この文章中には頭痛そのものの詳細な性状が書かれていないため、
本症例がどちらに分類されるかを決定することはできませんが、
「1.2 前兆のある片頭痛」であることは確かです。

それにしても、文学作品を用いた出題とは、医師国家試験もお洒落になりました。

上記解説
日本頭痛学会:頭痛クイズ から

a・c〜e 頭痛や嘔吐はみるも、「半透明の歯車」が合致しない。
b 正しい。上記の通り。




関連記事
2019/05/12 11:34 脳・神経 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: