> 若い男性の腹痛、次に行うべきもの?:113医B34 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
今年の医師国試から英語問題。
英文自体は問題なく読めるはずでしょう。
なぜか、正解率が低かった問題。


abdominal-pain-2821941_640.jpg


113B34

A 25-year-old man comes to your clinic complaining of abdominal pain for the past two days.
Yesterday, the pain was periodic and located around the periumbilical area.
Today the pain is persistent and located in the right lower quadrant.
He feels feverish. He does not smoke or drink alcohol.
His body temperature is 37.7℃, blood pressure is 126/62mmHg,
and pulse rate is 94/min, regular.

Which one of the following should be done next?


a perform a CRP test
b examine for peritoneal irritation
c administer a broad-spectrum antibiotic
d perform an abdominal CT with contrast
e perform an upper gastrointestinal endoscopy

 

解答:MOREへ

スポンサーリンク



解答


正解 b


正答率:27%

**************


訳)

25歳の男性。2日前から続く腹痛を主訴に受診。
昨日は、痛みが周期的になり、臍部周辺に限局してきた。
今日は疼痛は持続的となり、右下腹部に限局してきた。
熱感あり。喫煙歴なく、飲酒習慣もない。
体温 37.7℃、血圧 126/62、脈拍 94/分 整。

次に行うべきことはどれか?


病歴から考えて、急性虫垂炎が最も疑われるでしょうか?


まずは、診断で理学的検査が重要。
b;腹膜刺激症状の有無が第一。


そのうえで、
a CRP  checkなど血液検査、さらにd CT
虫垂炎となれば、c 抗生剤投与 の順でしょう。

心窩部痛や吐血といった上部消化管由来のものが疑われれば、
e が必要になうが、本例は下腹部の問題だろう。


関連記事
2019/06/19 06:30 医学英語 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: