> クラウン処置の有無 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
感染根管治療後のクラウン処置について


歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ
【修復・補綴】除去しますか?-第100回C-1 

2015年06月21日 配信)
から引用改編。



100C-1

100c-1図




100c-1問題 


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解説


100c-1問題 

100c-1図


今回取り上げる問題は第100回(2007年実施) C-1です。
この問題も各科の縦割り的な出題にはなっていません。

2枚の画像が与えられています。
与えられた2枚の画像から読み取れることを考えます。

画像から読み取れる事項は、

①左下6番近心根の根管充填が不良である。
②左下7番近心面に齲蝕がありそう。

そして、問題文には「食片圧入」について記載されています。

以上の事項を考慮すると、

治療計画としては、

①左下6番の補綴物(クラウン)を除去して、感染根管治療を実施する。
②左下7番のレジン充填を除去して齲蝕を確認する。
(状況によって齲蝕治療を実施する)
③食片圧入が生じないように辺縁隆線を付与した補綴物(修復物)を装着する。

という計画になるんでしょう。

したがって、

「e 全部鋳造冠の除去」

を選択するべきだ、ということになります。

・・・と、ここまでの話は厚生労働省発表の公式解答は「e」に沿って考えました。


まあ。。。。でもねー

この公式見解はどうなんだろ(´・ω・`)???

確かに左下6番の根充状態は不良ですが、根尖病巣の有無がわかりません。
(デンタルX線写真に根尖が写っていない)

そういうわけで、管理人としては左下7のCR除去を実施して、
メタルインレーにすることを優先したいですね。

食片圧入があるという設定になっているので、
辺縁隆線をしっかり付与するためにもメタルインレーの方がよいです。

最近の国試では補綴方針(修復方針)が聞かれます

第109回歯科医師国家試験でも補綴方針が聞かれるでしょう。


過去問を表面的に解くのではなく、
補綴方針(修復方針)まで考える勉強をしましょう!



関連記事
2015/10/01 17:33 クラブリ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: