FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

image020.jpg

internet edu;allergic disease


歯科領域でも出てきますよ。

出典:medu4:108G47



108G47

60歳の男性。
本日夕方からの下口唇の腫脹と軽度の呼吸困難を主訴に来院した。
咽頭痛や嚥下時痛はない。
高血圧がありアンジオテンシン変換酵素〈ACE〉阻害薬を服用中である。
脈拍72/分。血圧130/80mmHg。呼吸数15/分。SpO2 97%(room air)。

まず行うべき検査はどれか。

a 頸部CT
b パッチテスト
c 喉頭内視鏡検査
d 血清補体価測定
e リンパ球刺激試験


解答:MOREへ


スポンサーリンク



解答

正解 c


アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉阻害薬服用後に
限局性の浮腫が出現しており、血管性浮腫〈Quincke浮腫〉が考えやすい。
もちろん、遺伝性血管性浮腫(HAE)との鑑別は重要。

Quinke浮腫:
軽症では軽度の浮腫がみられるのみだが,
重症例では喉頭浮腫による呼吸困難,消化管浮腫による腹痛を伴う.

ということで、
取りも直さず、c 喉頭内視鏡検査 が第一。


血管性浮腫の原因:
遺伝性と後天性に分類され,
遺伝性血管性浮腫はC1エステラーゼインヒビターの欠損もしくは機能低下を特徴とする.

後天性血管性浮腫のうち,
薬剤誘発性血管性浮腫では
ACE (angiotensin converting enzime)阻害薬,
NSAIDs (非ステロイド性抗炎症薬),
エストロゲン製剤 などが原因となる.

ARBは起こらないとされたが、
最近、血管性浮腫報告があるので要注意。


ACE阻害薬服用者における 血管性浮腫の頻度は0.1~0.5%であり,
他の薬 剤性の血管性浮腫に比べ頭頸部に腫脹がみられ ることが多い。

外傷,喫煙,歯科治療,感染症などをきっかけとして発症する可能性がある。
ということで、歯科国試でも出題されるのでしょう。
通常のdental clinicにおいては、緊急時の判断が生死を分けることになりそうです。

ACE阻害薬による血管性浮腫が 疑われた舌腫脹の1例  を元に改編。


△a 頸部CT
侵襲なく咽頭浮腫をみることができる。
しかし、cには劣るだろう。

b パッチテスト
e リンパ球刺激試験
これらはⅣ型アレルギーの検査である。

d 血清補体価測定
遺伝性血管性浮腫の診断に有用。
ただし、本症例では呼吸困難が出現しているため、cに正答をゆずる。


遺伝性血管性浮腫(HAE)のガイドライン 改訂2014年版 
も参照

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: