> アル中患者2:113医B31 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

alcoholism-profile.jpg
画像:What Are the Criteria for Alcoholism?  から引用


先日も紹介した問題とほぼ同じ内容。
繰り返しよく出る問題のようです。


出典:medu4:113B31


113B31

48歳の女性。転倒による大腿骨骨折のため、昨日入院した。
昨晩は夜間に全く眠らない状態が続き、今朝から手指と上肢に粗大な振戦が出現した。
既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。
20歳から飲酒を開始し、32歳から夫の母親を自宅で介護するようになり、飲酒する頻度が増えた。
38歳から連日昼間も飲酒するようになり、45歳からは1日に焼酎500mL以上を飲酒していた。
体温36.7℃。脈拍68/分、整。血圧140/88mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。
腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
血液所見:赤血球392万、Hb 13.0g/dL、Ht 42%、白血球7,500、血小板17万。
血液生化学所見:総蛋白7.8g/dL、アルブミン3.8g/dL、総ビリルビン1.0mg/dL、
AST 140U/L、ALT 80U/L、γ-GTP 210U/L(基準8~50)、
総コレステロール295mg/dL、トリグリセリド240mg/dL。
頭部CTで異常を認めない。

数日以内に出現する可能性の高い症状の予防に適切な薬剤はどれか。

a 選択的セロトニン再取込み阻害薬
b ベンゾジアゼピン系薬
c 精神刺激薬
d 抗精神病薬
e 抗酒薬


解答:MOREへ



スポンサーリンク



解答

正解 b

正答率:89%

先日、アル中患者:112医A63 で扱ったばかりでした。

病歴から、アルコール離脱症状であることは明らか。

正解は、b ベンゾジアゼピン系薬 に他ならない。

アルコールレセプターとベンゾジアゼピン系レセプターが類似していることを用いて、
ベンゾ系内服することで偽飲酒状態を 作ってアルコール離脱症状を軽減させつつ、
ベンゾ系を漸減中止していく治療

ウェルニッケ・コルサコフ症候群、ペラグラ予防にビタミンB群、ニコチン酸の投与も必須。

関連記事
2019/07/07 10:32 精神・心療内科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: