> 肺癌術後合併症:113医C49 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
complications after lung cancer surgery について

出典:medu4:113C49


wc_140509_lobectomy_surgery_removal_of_lung_tumor_800x600.jpg
Surgical Removal of Early-Stage Lung Cancer can be Curative- Reduce Your Risk of Complications with Pre-Habilitation-
から


113C49

70歳の男性。肺癌の治療で入院中である。
肺癌にて右肺下葉切除術、縦隔リンパ節郭清術が施行された。
術後1日目に食事を開始し、術後2日目に約1,000mLの白色混濁した
胸水が胸腔ドレーンから排出された。胸水中トリグリセリド150mg/dL。

対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

a 高脂肪食
b 胃管挿入
c 胸管結紮術
d 完全静脈栄養
e 胸腔ドレーン追加挿入


解答:MOREへ


スポンサーリンク



解答

正解 c,d

正答率:63%



肺癌のリンパ郭清に伴うトラブル

郭清により反回神経という神経が障害されると声帯の動きが悪くなり、声がしわがれたり(嗄声)、
水を飲むとむせる(誤嚥)ことがあります。
また、太いリンパ管が切れることで、リンパ液が多量に漏れ出てしまう合併症もあります
(乳糜胸)。
kcch-tog.umin.jp/pub/info_ope.html から引用

ということで、

縦隔リンパ節郭清術後の白色混濁した胸水は、乳び胸であろう。
胸水中のトリグリセリドが150mg/dLと上昇していることで診断に至る。


a 高脂肪食
乳び胸の治療は脂肪制限食である。
高脂肪食では余計に悪化してしまうだろう。

b 胃管挿入
胃管を挿入したところで食事しているのと変わらないので意味がない。

c 胸管結紮術
正しい。手術による胸管の損傷が原因であるため結紮術を施行する。

d 完全静脈栄養
正しい。完全静脈栄養により食事を中止する必要がある。

e 胸腔ドレーン追加挿入
すでに胸腔ドレーンは挿入されており、適切に排出されているので追加挿入の必要はない。



関連記事
2019/09/05 22:15 胸部・心臓血管外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: