> 造影CTの前に休薬すべき経口血糖降下薬:113医D21 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

img6.jpg
320列CTによる冠動脈検査 関西ろうさい病院 から引用



出典:medu4:113D21

113D21
45歳の男性。膵腫瘍の精査のため来院した。
15年前から2型糖尿病で自宅近くの診療所で内服治療を受けている。
3か月前から急激に血糖コントロールが悪化したため腹部超音波検査を受けたところ、
膵腫瘍が認められ紹介受診となった。eGFR 48mL/分/1.73m2。

腹部造影CTを計画する際に検査前後数日間の休薬を検討すべき薬剤はどれか。

a DPP-4阻害薬
b SGLT2阻害薬
c ビグアナイド薬
d スルホニル尿素薬
e α-グルコシダーゼ阻害薬


解答:MOREへ


スポンサーリンク



解答

正解 c


正答率:73%


腹部造影CTが計画されている中年男性。休薬すべき経口血糖降下薬を選ぶ問題。
a・b・d・e 特に造影剤使用時に考慮する必要はない。

ビグアナイド系糖尿病用剤とヨード造影剤は、併用により乳酸アシドーシスを
きたすことがあるため併用注意とされています。

原因:
ヨード造影剤の投与により一過性の腎機能低下をきたす可能性があり、
その結果、ビグアナイド系糖尿病用剤の腎排泄が減少し血中濃度が上昇
するためと考えられています。
そのため、ビグアナイド系糖尿病用剤の服用を中止し、検査後48時間してから再開すること
望ましいとされています。

ヨード造影剤との併用注意の薬剤について から



※造影検査は一般にeGFRが45未満の際に配慮が必要となる(以下)。
  本患者は48であり、特に問題なく実施可能。

 45≦eGFR or 透析導入済:特に配慮は不要
 30≦eGFR<45:検査前後に生理食塩水を点滴する
 eGFR<30:造影検査は原則行わない(どうしても必要な場合は腎臓内科コンサルト)

関連記事
2019/10/01 17:31 代謝・内分泌 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: