> 麻酔の合併症:113医F56 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

main_doctor-x_S6.jpg
web.videopass.auone.jp/navi/article/45153 から


昨日のドクターXで、話の中心になった疾患。
ドラマを観ていれば、それだけで分かってしまうでしょう。

非常に非現実ではあるドクターXだが、
それなりに、勉強になるドラマです。

出典:medu4:113F56


113F56

1歳の男児。停留精巣の手術のため手術室に入室した。
麻酔はマスクで酸素と揮発性吸入麻酔薬を投与し、
ゆっくりと入眠させる緩徐導入で行った。
静脈路を確保し、気管挿管のため筋弛緩薬を静注したところ、
突然心拍数が120/分から160/分に増加した。
気管挿管時に開口障害があり、気管チューブの挿入に難渋した。
人工呼吸開始後に尿道カテーテルを挿入したところ、赤褐色の尿が排出された。
その後体温は急上昇し37.0℃から40.0℃になった。
動脈血ガス分析で代謝性アシドーシスを認めた。
最も考えられるのはどれか。

a 敗血症
b 尿路出血
c 腎盂腎炎
d 悪性高熱症
e 悪性症候群


解答:MOREへ




スポンサーリンク



解答

正解 d



停留精巣の手術のため手術室に入室した1歳男児。
揮発性吸入麻酔薬と筋弛緩薬を投与したところ、頻脈となり、
開口障害が出現、赤褐色の尿(ミオグロビン尿であろう)がみられ、
高熱を呈し、さらには代謝性アシドーシスとなった。

ということで、どう考えても悪性高熱症 malignant hyperthermiaでしょう。

悪性高熱といえば、小生の大学時代は
ハロセンとサクシニルコリン (SCC)の組み合わせが有名だが、
その他の麻酔薬(例,イソフルラン,セボフルラン,デスフルラン)が関与する場合もある。
この薬物併用は,筋ジストロフィーおよび筋強直の患者の一部において類似した反応を引き起こす。
とのこと。


MSD pro:悪性高熱 参照

a〜c 麻酔薬と関連して急激に出現する病態ではないであろう。


e 悪性症候群
一部の抗精神病薬やパーキンソン病治療薬などを原因として発症、
悪性高熱症とは別病態である。

関連記事
2019/11/29 22:30 麻酔 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: