> 高齢者に投与注意すべき薬剤:106医G50 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
謹賀新年。
まずは、簡単な問題でしょうが、正答率は低かったようです。

出典:medu4:106G50 


106G50

62歳の女性。数日前からの息切れと全身倦怠感とを主訴に来院した。
心不全の治療のために専門外来に通っていたが、
症状が安定したので3か月前に自宅近くの診療所を紹介された。
同診療所を受診した際、新たに脂質異常症、変形性膝関節症および不眠症と診断され、
それぞれに対し3週前から薬物療法が開始されたという。
意識は清明。体温36.2℃。脈拍96/分、整。血圧122/88mmHg。呼吸数16/分。
眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頸静脈の怒張を認める。
心尖部でIII音を聴取する。両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。
腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を2cm触知する。脾を触知しない。
両側の下腿に圧痕性浮腫を認める。

この病態の原因になった内服薬として最も考えられるのはどれか。

a 利尿薬
b ベンゾジアゼピン系薬
c HMG-CoA還元酵素阻害薬
d アンジオテンシン変換酵素阻害薬
e 非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉


解答:MOREへ




スポンサーリンク



解答

正解 e

正答率:58%



数日前からの息切れと全身倦怠感とを主訴に来院した比較的高齢の女性。
慢性心不全の治療中に新たな薬剤が加わった。
coarse cracklesを聴取し、両側下腿浮腫を認めることから薬剤性の心不全増悪を疑う。

ということで、
非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉による腎障害から心不全増悪を来したと考えるのが妥当。
NSAIDsを処方する時は年齢、腎機能に配慮し、慎重に投与すべきことを問うた実践に即した臨床問題。


他の選択肢について
(medu4 の解説から)

a 利尿薬はもともと投与されていた量であるので直接関与した可能性は低い。

b ベンゾジアゼピン系薬は睡眠導入剤であるが通常量であれば心臓への影響は特に報告されていない。

c HMG-CoA還元酵素阻害薬の副作用として代表的なものは横紋筋融解症である。
  筋から漏出したミオグロビンが腎障害を呈し、そこから除水できず心不全に至った
  可能性もゼロではないが、 横紋筋融解症を呈しているのであれば脱力など
  特徴的な症候がみられるはず。
  また、eという疫学的にも多い明らかな正答選択肢があるにもかかわらず、
  あえて深読みしてcを選ぶ必然性がない。

d アンジオテンシン変換酵素阻害薬の副作用としては空咳が有名。
  心不全増悪はきたさない。


関連記事
2020/01/03 23:59 循環器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: