> これは骨折か? - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
久々のブログ更新です。
忙しさに紛れて全くサボっていました。

さてさて 先日、外来に来た症例。


10歳の男性。
学校内で友人とふざけていて足を捻じったとのこと。
足部外側に圧痛はあるが、腫脹や熱感はなかった。
特によく行うスポーツはないとのこと。

その折に撮ったXPがこんな写真。



B9780323081764001294_f129-014-9780323081764.jpg
画像:Radiology Key Chapter 129 から


さて、これは骨折なんでしょうか?

医師国試というより、整形専門医レベルの問題でしょう。


続きは、MOREへ



小児整形学のテキスト




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小児整形外科テキスト改訂第2版 [ 日本小児整形外科学会 ]
価格:10450円(税込、送料無料) (2020/9/20時点)





スポンサーリンク



答えは、

骨折ではないようです。

第5中足骨基部の骨端核 (apophysis) の名残りだそうで、
この年齢の子どもには時々認められる normal variant のようです。

本症例では受傷側でない同部位に同じようなレ線像を認め、
apophysisであることを確認しました。


ただし、
スポーツをよくやる子供で、慢性に経過している症例で、
本例と似たような骨端核が離れたような像を呈するものは、
Iselin病(第5中足骨粗面部骨端症)というものがあり、
鑑別をしなければいけないでしょう。

参考文献:
第 5中足骨粗面部骨端症と遺残障害例の検討



関連記事
2020/09/20 15:26 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: