> COVID19肺炎の胸部CT - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
新型コロナ、治まりそうで治まらないようです。

covid-19-confirmed-cases.jpg
画像:Statement on COVID-19 から


COVID19肺炎に限った胸部CT像ではないようですが、
特徴的な胸部CT所見。

crazy-(       ) pattern と呼びます。

(  )に適するwordは以下のどれか?
1つ選べ。

a mosaic
b storm
c paving
d cobble stone
e lobular




解答:MOREへ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型コロナはいつ終わるのか? [ 新型コロナ研究班 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/9/27時点)







スポンサーリンク



解答

正解は、c  paving

crazy-paving pattern 


下図に示すように、COVID-19肺炎に特徴的な胸部CT像は
「両側性の胸膜下のすりガラス陰影」であるが、

この所見を呈する疾患は他にもあるそうである
「好酸球性肺炎や特発性器質化肺炎といった
アレルギー反応を想定するような疾患が該当するとのこと。


c3-6_2.jpg 
新型コロナウイルス感染症の患者の肺に見られる網状の「crazy-paving pattern」の例
X線CTとAI画像診断1 —新型コロナウイルス感染症とCT検査の果たす役割— から引用

また、
COVID-19肺炎では、肺炎の進行に伴って
コンソリデーションやcrazy-paving pattern(すりガラス陰影の内部に網状影を伴う所見)
を呈すると言われているが、本所見は
間質性肺炎を併発することの多い抗MDA-5抗体陽性皮膚筋炎や
2009年に流行したH1N1インフルエンザの重症例でも
同様のCT所見を示すとのこと。
(日経メディカルの記事から一部 引用)

ということです。

来年の医師国試では、COVID19に関係した問題が
出るかもしれません。
ただし、明確に分った部分だけでしょうが。

関連記事
2020/09/27 17:24 呼吸器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: