スポンサーリンク 腰椎椎間板ヘルニアの症候:115医E35 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
今年の医師国試;必修臨床の整形分野の問題。
必修ですが、かなり正答率が悪い問題。
皆さん、整形は不得意な方が多いようで。

Re8068656639118d206cd7a6e469f2902.jpg
画像:.腰椎椎間板ヘルニア(L4/5外側ヘルニア)① から
非典型例ですが。

115E35

38歳の男性。
職場で床に落ちた書類を拾おうと屈んだところ、
腰痛と右下腿痛が出現したため受診した。
既往歴に特記すべきことはない。
身長165cm、体重58kg。体温36.7℃。
脈拍80/分、整。
腰椎エックス線写真で異常を認めず、
腰部単純MRIで第4腰椎と第5腰椎間の
右側に椎間板ヘルニアを認めた。

この患者で認められないのはどれか。

a 疼痛性跛行
b 会陰部の異常感覚
c 右下腿外側の感覚鈍麻
d 右母趾背屈筋力の低下
e 右下肢伸展挙上テスト陽性


解答:MOREへ


スポンサーサイト





スポンサーリンク



解答

正解  b

正答率:61%


a 疼痛性跛行
正しい。


b 会陰部の異常感覚
L4/5ヘルニアなので、L5の知覚異常。
下腿外側が主なarea.
会陰部はS2-3 areaでしょう。

下図参照

rediculo.jpg

画像:皮膚の神経分布 から


c 右下腿外側の感覚鈍麻
bに示した通り正解。


d 右母趾背屈筋力の低下
これも正解。


e 右下肢伸展挙上テスト陽性
SLR、Lasegue signはsciatic nerveのtension signなので正解。


femoral nerve area (L1,2,3)のtension signは,
femoral nerve stretch test (FNST)

腹臥位にして、大腿を挙上する試験。

examination-of-spine-33-728.jpg

Slide Share から





スポンサーサイト




関連記事
2021/04/17 20:22 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: