スポンサーリンク AFのカテーテルアブレーション後の抗凝固治療(2):115医F47 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
久しぶりのブログ更新です。

今回は、
AFのカテーテルアブレーション後の
抗凝固治療に関する問題


以前にも同じものを扱いましたが、再び。

解説を、やや詳しくしました。

18-HRT-5509-cabanaTrial-650x450.jpg
画像:
Ablation Vs. Medical Therapy for Atrial Fibrillation: Putting CABANA in Perspective
から


スポンサーサイト






115F47


53歳の男性。
心房細動に対するアブレーション治療を目的として入院した。
40歳時に僧帽弁狭窄症に対して機械弁置換術が行われ
ワルファリンが開始となった。
48歳時から高血圧症、糖尿病に対して薬物療法が行われている。
5か月前に突然動悸を自覚し、定期的に通院している
診療所で心房細動と診断された。
その後も月に数回、3~5日程度持続する動悸発作が出現した。
3か月前および1か月前の外来受診時の心電図でも
心房細動が確認されたため、カテーテルアブレーション目的
に紹介され入院となった。入院時は心房細動調律であった。
入院2日目に行ったカテーテルアブレーションで
洞調律に復帰し、入院6日目に退院となった。

退院後のワルファリン治療について正しいのはどれか。

a 継続して行う。
b アスピリンに変更する。
c 動悸出現時に頓服する。
d ビタミンK製剤と併用する。
e 直接経口抗凝固薬[direct oral anticoagulant〈DOAC〉]に変更する。


解答:MOREへ


スポンサーサイト








スポンサーリンク



解答

正解 a

正答率:96%


ポイント

①中年男性
②僧帽弁狭窄症に対しての機械弁置換術が
行われワルファリン服用中
③心房細動〈AF〉と診断されカテーテルアブレーション実施
④洞調律に復帰

一見、ablationでafがないのであれば、抗凝固薬なしでもいいか?
と答えてしまいそうだが、
②より機械弁があることでワーファリンなしと
いうことにはならない。

また、たとえ④のようにAFが消失しても、
③のアブレーション後は少なくとも3か月間の抗凝固療法が必要となる。

【選択肢考察】
a 正しい。上記の通り。

b アスピリンは抗血小板薬であり、
抗凝固薬とは性質が異なるため適応とならない。

c 継続的な服用を指導する。頓用はしない。

d ワルファリンと拮抗してしまうため、逆効果。

e 機械弁置換術後の患者にDOACの適応はない。




スポンサーサイト





補足

アブレーション後の抗凝固薬の投与期間

アブレーション治療後は、ワーファリン(R)・リクシアナ(R)・プラザキサ(R)・イグザレルト(R)・エリキュース(R)といった各種抗凝固薬が再開となり、数か月の服用となることが多いです。

たしかに抗凝固薬を服用していると、ビタミンKを含む食品(納豆・青汁など)を食べないように言われたり、出血すると止まりにくいといった注意事項があります。生活上不便に感じることが多く、患者さんのなかには服用に抵抗をもつ方も多いです。

ただ、塞栓症のリスクが高い人は、アブレーション治療が成功して順調に経過を辿っていても血栓を作りやすい状態にあるので、抗凝固薬は服用し続けてもらうことが多いです。

塞栓症のリスク因子とは以下になります。

・年齢75歳以上
・高血圧
・糖尿病
・静脈血栓塞栓症の既往
・血栓性素因(アンチロトンビン欠乏症、プロテインC欠乏症、高リン脂質抗体症候群など)
・心不全・脳梗塞の既往
・がん化学療法の既往
・肥満 など

このような患者さんの場合、心房細動が治癒していても抗凝固薬の内服を続けるよう指示を受けることがあります。

一方で、心房細動が完全に治癒していると判断され、さらに上記のリスクファクターがない方であれば、アブレーション後3か月くらい様子をみて、抗凝固薬の中止が検討されます。

つまり、抗凝固薬の内服期間は患者さんの状態や既往歴、年齢などが考慮され総合的に判断されるため、一概に「アブレーション後だと〇か月服用」と断定していうことができません。


看護の仕事:ハテナース から


スポンサーサイト




関連記事
2021/12/26 10:40 循環器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: