スポンサーリンク 便秘治療:115医A42 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
115回医師国試から

難しくないですが、正答率はなぜか低かった問題。

Constipation (1)
画像:CONSTIPATION AND HOMOEOPATHY から


115A42
58歳の男性。残便感を主訴に来院した。
半年前から残便感を自覚し、持続するため受診した。
便は兎糞状であり、排便回数は3日に1回程度である。
毎回強くいきんで排便しているが、排便後も残便感が持続する。
既往歴に特記すべきことはない。
腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。
直腸指診で異常を認めない。
下部消化管内視鏡検査で異常を認めない。

対応として適切なのはどれか。

a 安静指示
b 抗菌薬投与
c 定期的な浣腸
d 浸透圧性下剤投与
e 食物繊維摂取の制限


解答:MOREへ


スポンサーサイト
もう怯えない毎日へ『黒梅日和』



スポンサーリンク



解答

正解 d

正答率:62%


解法のポイント

①半年前から残便感
②便は兎糞状
③排便回数は3日に1回程度
④直腸指診で異常を認めない。
⑤下部消化管内視鏡検査で異常を認めない。

④⑤から、
器質的な消化管疾患由来の便秘ではない。

例えば、
大腸がんなどは見逃してはならないでしょう。

つまり、本症例は単純な慢性便秘症でしょう。


スポンサーサイト




【選択肢考察】

a 安静指示
むしろ適度な運動が望ましいでしょうから、×。

b 抗菌薬投与
細菌感染などの記載はない。

c 定期的な浣腸
間違いではないが、、薬剤の内服に比べ侵襲を伴い、
習慣性や直腸穿孔といった問題点もあるため、
現時点での第一選択とはならない。

d 浸透圧性下剤投与
浸透圧性下剤は便に含まれる水分の量を多くし、
便を柔らかくして排便しやすくする薬。
浸透圧性下剤には、塩類下剤、糖類下剤、
浸潤性下剤、ポリエチレングリコール製剤があります。
塩類下剤として、Mg製剤はよく用いられるが、
高齢者で腎機能低下がある場合は、
高Mg血症を起こしやすいので注意!

e 食物繊維摂取の制限
食物繊維の摂取は便秘には有効。

便秘治療に関しては、今後、出題が増加しそう。
今年も出題される可能性大。
便秘治療薬は一度、まとめておいてもいいでしょう。


スポンサーサイト



関連記事
2022/01/09 22:25 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: