スポンサーリンク 股関節を動かさない乳児:116医D38 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
今回も、整形関係の問題。


116D38
6か月の女児。左下肢を動かさないため母親に連れられて来院した。
2日前に38℃台の発熱があり、自宅近くの診療所で咽頭炎と診断され、
アセトアミノフェン坐剤の処方をうけている。
翌日、おむつを交換するときに激しく啼泣することに母親が気づいた。
新生児期に異常は指摘されていない。
身長68cm、体重7.2kg。体温37.8℃。脈拍132/分、整。
血圧96/68mmHg。呼吸数14/分。
左下肢の自動運動はなく、左股関節を他動的に動かすと啼泣する。
右股関節に可動域制限を認めない。
血液検査:赤血球450万、Hb 12.0g/dL、Ht 38%、
白血球12,600(桿状核好中球4%、分葉核好中球80%、好酸球1%、
好塩基球1%、単球5%、リンパ球10%)、血小板26万。
CRP 15mg/dL。
左股関節穿刺液のグラム染色でグラム陽性球菌が認められた。

行うべき処置はどれか。

a NSAID内服
b 左股関節切開・洗浄
c 両下肢オーバーヘッド牽引
d リーメンビューゲル装具着用
e 副腎皮質ステロイド左股関節内投与


解答:MOREへ


スポンサーサイト



スポンサーリンク



解答

正解  b

正答率:97%

左股関節を動かさない6か月の女児
左股関節の他動的痛
白血球12,600
CRP 15mg/dL
左股関節穿刺液のグラム染色でグラム陽性球菌

以上から、乳児の急性化膿性股関節炎の診断。

ということで、正解は、b 左股関節切開・洗浄 しかないだろう。

a NSAID内服
アセトアミノフェン坐剤はすでに有効でないことが、
文意では明らか。

c 両下肢オーバーヘッド牽引
d リーメンビューゲル装具着用
は先天性股関節脱臼の治療

e 副腎皮質ステロイド左股関節内投与
ステロイド投与で、さらに股関節炎は急激に悪化。
やってはいけない処置。
禁忌肢なんだろうか?
関連記事
2022/03/20 17:26 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: