スポンサーリンク 食道炎の原因となる薬剤:114医D50改題 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
暑い日が続きます。
今回は、114回医師国試の改編問題です。


114D50改題
以下の薬剤で食道炎の原因とならないものはどれか。3つ選べ。

a 経口ビスホスホネート製剤
b アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉阻害薬
c テトラサイクリン
d ベンゾジアゼピン系睡眠薬
e プロトンポンプ阻害薬


解答:MOREへ


スポンサーサイト
暑い日はアイスですな




スポンサーリンク



解答


正解 bde

解法の要点
刺激性薬剤の食道内への停滞で食道炎,食道潰瘍が生じうる.

原因となるおもな薬剤:
抗生剤(おもにドキシサイクリン,テトラサイクリン,クリンダマイシン),
NSAIDs,アスピリン,ビスホスホネート(おもにアレンドロン酸),
塩化カリウム徐放剤,ダビガトランである.

症状は突然発症する胸痛,嚥下時痛,嚥下障害である.内視鏡所見は比較的限局した領域に生じる潰瘍,びらん,発赤である.
ダビガトラン起因性食道炎では白色の膜様物付着が認められる.治療としては速やかに被疑薬の中止を行う.
上記薬剤を処方する場合は適切な服薬指導(薬剤を100 ml 以上の水で内服し,内服後は30 分間臥位にならない
を行うことが望ましい.


選択肢解説
〇a 経口ビスホスホネート製剤
ビスホスホネート製剤の副作用として食道障害(炎症や潰瘍形成、狭窄)がある.

×b アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉阻害薬
食道炎とは関係がない。空咳の副作用が有名であり、誤嚥性肺炎の治療薬として用いられる.

〇c テトラサイクリン
解法の要点に記した通り.

×d ベンゾジアゼピン系睡眠薬
一般的には食道炎を引き起こさない.内服継続により,依存性が出やすいことに注意する.

×e プロトンポンプ阻害薬
プロトンポンプ阻害薬は逆流性食道炎の治療薬である.



スポンサーサイト




関連記事
2022/07/31 21:49 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: