スポンサーリンク よく出るモニター関係の問題:115歯C28 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯科国試では、頻出パターンの問題。
こういうシチュエーションは考えられますね。
医師でも注意しなければいけない場面です。


115歯C28
26 歳の男性。下顎右側臼歯部の腫れを主訴として来院した。気管支喘息の既往
がある。診察の結果、智歯周囲炎と診断し、全身麻酔下において抜歯した。術後創
部痛のためロキソプロフェンナトリウム水和物を内服させたところ、次第に著明な
咳嗽と喘鳴が生じた。呼吸困難のためサルブタモール硫酸塩の吸入ができなかっ
た。この時の生体情報モニタ画面の写真(別冊No. 4) を別に示す。
次に投与するのはどれか。2つ選べ。

もにた$


a 酸 素
b アドレナリン
c ニトログリセリン
d ランジオロール塩酸塩
e チオペンタールナトリウム


解答:MOREへ



スポンサーサイト




スポンサーリンク



解答


正解 ab


・気管支喘息の既往
・術後創部痛のためロキソプロフェンナトリウム水和物を内服
・その後、著明な咳嗽と喘鳴が生じた


ということで、
アスピリン喘息の患者にNSAIDsを服用させて、
喘息発作が惹起された
さて、どうするという問題。

消去法でいってみよう。

c ニトログリセリン
モニター上、ECGにST変化は見られないし、26歳という若さでACSは起こしにくいだろう。
ということで、×


d ランジオロール塩酸塩 (商品名:オノアクト)
短時間作用型の心選択性アドレナリンβ 1 受容体選択的アンタゴニスト (ブロッカー) 。
頻脈などの治療に使われる。
この症例では、逆に気管支収縮させるから、とても危険。


e チオペンタールナトリウム
GABAA受容体に結合してGABAの作用を増強させ、細胞に過分極を生じさせる。
脳幹の網様体賦活系を抑制することにより麻酔作用をあらわす麻酔薬。
チオペンタールはヒスタミンの遊離作用があり、ぜん息患者に使用すると気管支が痙攣してしまう。
喘息患者には禁忌。
おそらく、禁忌選択肢であろう。


ということで、
残る
a 酸 素
b アドレナリン
 が正解。


他にはステロイド投与も思いつく薬剤です。

しかし、ステロイドにも注意が必要。
以下を参照。

アスピリン喘息は、NSAIDsによっても誘因されることから、NSAIDs過敏症とも呼ばれている。
ソル・コーテフ、
ソル・メドロール、
水溶性プレドニン

はいずれもコハク酸エステルステロイドである。

NSAIDs過敏喘息は、コハク酸エステルステロイドにも過敏であるため、
急速静注により喘息症状の悪化を起こす可能性があり、使用を控えるべきとされている。

一方、リンデロンはリン酸エステルステロイドであり、有効成分そのものに喘息症状を悪化させることはないため、比較的安全に使用可能とされている。しかしながら、添加物による過敏反応の恐れはあるため、急速静注は控えて1~2時間以上かけてゆっくりと投与する必要がある。



関連記事
2022/10/30 10:37 歯科麻酔・救急 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: