スポンサーリンク この足は何?:整形専門医34-70 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
まだ、医師国試には出題されたことはないようですが、
どうでしょうか?


整形専門医34-70
55 歳の女性.20 年前より 2 型糖尿病の加療を受けている.2 か月前に段差につまずいてから
右足の腫脹が出現した.右足部単純 X 線立位正面像を示す.誤っているのはどれか.

IMG_0813 (1)


a 著明な疼痛を認める.
b 血行障害を伴う.
c 末梢優位の感覚障害を認める.
d 血液検査で炎症所見が乏しい.
e 単純 X 線像で骨破壊像と形成像が混在する.


解答:MOREへ


スポンサーサイト




スポンサーリンク



解答

正解 a


糖尿病歴が長い患者で、軽微な外力で生じた骨病変。
骨折には見えない病変。
なんやら著しい破壊像が第1から第4中足骨基部のリスフラン関節を中心に生じて、亜脱臼状態を呈しているようです。

聞いたことがあるかもしれません。

本症例は、
シャルコー関節(神経病性関節症)!


シャルコー関節(神経病性関節症)とは?
明らかな重度な外傷がなく,関節破壊や病的骨折を生じる疾患で,膝関節や足部・足関節に好発する。その病態生理は明らかではないが,末梢知覚神経障害による疼痛閾値の低下と,自律神経障害に起因する微小循環障害による骨脆弱性を背景に,微小外傷が繰り返し加わることで発生すると考えられている。


原因疾患:
糖尿病性末梢神経障害が最も多く,神経梅毒,脊髄空洞症,二分脊椎,アルコール性末梢神経障害,シャルコー・マリー・トゥース病,先天性無汗無痛症,特発性神経障害なども知られている。


Eichenholtzの進行分類
ステージ0:関節周囲に腫脹・発赤・熱感を呈するが,単純X線では明らかな所見を認めず,MRIで骨髄浮腫を認める。
ステージ1:腫脹・発赤・熱感とともに,単純X線で骨吸収像・骨片・骨折を認める。
ステージ2:腫脹・発赤・熱感は減退し,単純X線で骨硬化像・骨片の吸収を認め,MRIでの骨髄浮腫像が消退する。
ステージ3:腫脹・発赤・熱感は消失し,単純X線で関節破壊・関節変形などを認める。

上記は、シャルコー関節(神経病性関節症)[私の治療] から引用


Eichenholtzの進行分類
アインホルツ

図:Diabetic charcot neuroarthropathy : Classification から


本例は、
腫脹があり、
単純X線で骨吸収像・骨片・骨折を認めるようなので、

シャルコー関節のstage 1でしょうか?


×a 著明な疼痛を認める.
上記説明の通り、シャルコー自体、疼痛がないために生じる病変であるので、誤り。

〇b 血行障害を伴う.
DM などでは、生じる。

〇c 末梢優位の感覚障害を認める.
当然、正しい。

〇d 血液検査で炎症所見が乏しい.
慢性変化であり、急性相反応は出にくいだろう。

〇e 単純 X 線像で骨破壊像と形成像が混在する.
上記説明からも、正しい。



関連記事
2022/11/23 15:07 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: