> 口腔ケアー:看護師国試 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
口腔ケアー:看護師国試
https://www.kango-roo.com/kokushi/kako/ から

Carehome20dentist.jpg 
http://www.providentdentalsurgery.com/Dentist-Home-or-Hospital-Visit(2997341).htm


1)第93回看護師
脳梗塞で寝たきりの在宅高齢者。
現在経口摂取はせずに胃瘻から栄養を摂取している。
口腔ケアで正しいのはどれか。

1. 仰臥位で行う。
2. 義歯は装着したままで行う。
3. うがいをする。
4. 歯ブラシでブラッシングを行う。



2)第97回看護師
口腔内の状態で正しいのはどれか。

1. 咀嚼運動の減少は口腔内の自浄作用を促進する。
2. 食事をしていない口腔内は清潔に保たれる。
3. 唾液分泌量が増加すると舌苔が厚くなる。
4. 歯垢は口腔内の細菌数を増加させる。


3)第92回看護師
自力で動けない患者の肺炎予防に適切なのはどれか。

1. 毎食後の歯みがき
2. 毎食後のタッピング
3. 抗菌薬の予防投与
4. 経管栄養


4)第102回看護師
口腔ケアの効果として正しいのはどれか。

1. プラークの形成
2. 唾液分泌の促進
3. 口腔内のpHの酸性化
4. バイオフィルムの形成


5)第104回看護師
臥床している患者に対して看護師が手袋を装着して口腔ケアを実施した。
口腔ケア後の看護師の行動で適切なのはどれか。

1. 手袋を外し、すぐに新しい手袋を装着して別の患者のケアを行う。
2. 使用した手袋を装着したまま患者の寝衣を交換する。
3. 手袋を装着したまま患者の歯ブラシを洗浄する。
4. 使用した手袋は一般廃棄物の容器に捨てる。





解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答

1)第93回
脳梗塞で寝たきりの在宅高齢者。
現在経口摂取はせずに胃瘻から栄養を摂取している。
口腔ケアで正しいのはどれか。

1. 仰臥位で行う。
2. 義歯は装着したままで行う。
3. うがいをする。
4. 歯ブラシでブラッシングを行う。

解答・解説

×1. 仰臥位で行う。
仰臥位で行なうと誤嚥の可能性がある。

×2. 義歯は装着したままで行う。
義歯と歯肉との間が不潔になりやすいため、はずして洗うとよい。

×3. うがいをする。
うがいをすると誤嚥をする可能性がある。

○4. 歯ブラシでブラッシングを行う。
歯ブラシでブラッシングすることは歯肉のマッサージとしても有効である。


2)第97回
口腔内の状態で正しいのはどれか。

1. 咀嚼運動の減少は口腔内の自浄作用を促進する。
2. 食事をしていない口腔内は清潔に保たれる。
3. 唾液分泌量が増加すると舌苔が厚くなる。
4. 歯垢は口腔内の細菌数を増加させる。

解答・解説

×1. 咀嚼運動の減少は口腔内の自浄作用を促進する。
唾液中には殺菌作用のある酵素やIgAなどが含まれているので、
唾液の分泌は口腔内の清潔保持に役立つ。
咀嚼運動により唾液分泌は促進されるので、
咀嚼運動の減少はこの唾液分泌量の減少になり自浄作用を低下させてしまう。

×2. 食事をしていない口腔内は清潔に保たれる。
唾液の分泌は副交感神経の刺激と味覚・嗅覚・口腔内の触覚情報などによって
延髄の唾液分泌中枢が刺激されて起こる。
食事摂取をしないとこれらの唾液分泌刺激が低下するので口腔内の清潔が保持されにくくなる。

×3. 唾液分泌量が増加すると舌苔が厚くなる。
舌苔は舌の表面に苔状に見えるもので、上皮と菌と食物残渣などからなる。
これは唾液分泌の低下などで口腔内が乾燥したり口の運動量が減少すると、
口腔内が不衛生になり出現するものである。

○4. 歯垢は口腔内の細菌数を増加させる。
歯垢は歯の表面に付着するプラークとも呼ばれるもので歯石のもとであり、
70%は微生物で食物残渣などが加わり口腔内の細菌数を増加させるので、う歯や歯周病の要因である。


3)第92回
自力で動けない患者の肺炎予防に適切なのはどれか。

1. 毎食後の歯みがき
2. 毎食後のタッピング
3. 抗菌薬の予防投与
4. 経管栄養

解答・解説

○1. 毎食後の歯みがき
口腔内の汚れは肺炎を引き起こす可能性があるため、
肺炎予防のためには口腔内の保清に努めることが重要である。

×2. 毎食後のタッピング
タッピングは排痰のための援助であり、毎食後に実施する関連はない。

×3. 抗菌薬の予防投与
肺炎の予防として抗菌薬を投与したり、経管栄養にすることは不適切である。

最近のRCTにおいても、
脳卒中後の嚥下障害による肺炎は抗生物質で
予防できないことが判明しているようです。

Prophylactic antibiotics after acute stroke for reducing pneumonia
in patients with dysphagia (STROKE-INF):
a prospective, cluster-randomised, open-label, masked endpoint, controlled clinical trial.

Lancet. 2015 Sep

脳卒中発症後に、肺炎予防として抗菌薬で治療を行っても、
通常のケアと比較して、統計的には肺炎の発症を減少するとは言えないという結果でした。

筆者らは、「予防的な抗菌薬は、脳卒中ユニットで治療されている
脳卒中後の嚥下障害患者の脳卒中後肺炎の予防として、推奨されない」と述べています。

脳卒中だけに限らず、誤嚥性肺炎による死亡はかなり多く、その予防が必要です。
しかしながら、脳卒中の嚥下障害後ではその予防として
抗菌薬は有効ではなかったという研究結果でした。
脳卒中後の肺炎予防に有効な治療法の確立が望まれます。

http://medley.life/news/item/560389a225f69e8a30690942

脳卒中後の予防的抗菌薬投与、肺炎を抑制せず




4)第102回

口腔ケアの効果として正しいのはどれか。

1. プラークの形成
2. 唾液分泌の促進
3. 口腔内のpHの酸性化
4. バイオフィルムの形成

解答・解説

×1. プラークの形成
プラークとは歯垢のことで、口腔ケアによってプラークの除去ができる。

○2. 唾液分泌の促進
口腔内の刺激により唾液の分泌が促進するので、細菌数を減少できる。

×3. 口腔内のpHの酸性化
口腔内が酸性になると、う歯の発生率は高まる。口腔ケアによって中性に戻す効果がある。

×4. バイオフィルムの形成
バイオフィルムは口腔内細菌が形成した細菌の巣である。
口腔ケアによって形成をさまたげる効果がある。


5)第104回
臥床している患者に対して看護師が手袋を装着して口腔ケアを実施した。
口腔ケア後の看護師の行動で適切なのはどれか。

1. 手袋を外し、すぐに新しい手袋を装着して別の患者のケアを行う。
2. 使用した手袋を装着したまま患者の寝衣を交換する。
3. 手袋を装着したまま患者の歯ブラシを洗浄する。
4. 使用した手袋は一般廃棄物の容器に捨てる。

解答・解説

×1. 手袋を外し、すぐに新しい手袋を装着して別の患者のケアを行う。
使用した手袋を外した後一旦手洗いをし、新しい手袋を装着して別の患者のケアにうつる。

×2. 使用した手袋を装着したまま患者の寝衣を交換する。
口腔ケア後の手袋を装着したまま寝衣の交換はしない。

○3. 手袋を装着したまま患者の歯ブラシを洗浄する。
口腔ケア後の手袋で使用した歯ブラシを洗浄しても問題はない。

×4. 使用した手袋は一般廃棄物の容器に捨てる。
使用した手袋は橙色のバイオハザードマーク付きの容器に捨てる。

各色のbiohazard markを覚えておいて!
医師、歯科国試、看護師国試いずれにおいても出題されます。

biohazard mark 
https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/industrial_waste/flu/waste_management.html

関連記事
2015/11/08 15:19 歯科衛生 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: