様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
m3comのクイズから (2015年11月6日 配信)

グルコサミン 
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1192657876


問題

最近の研究によれば、症候性の変形性膝関節症患者において、
グルコサミン硫酸塩とコンドロイチン硫酸塩の各単剤や
プラセボと比較した場合の、2年時の両剤併用効果を
最も適切に述べているものは次のうちどれか。

A 疼痛の有意な抑制
B 関節腔狭小化の有意な抑制
C すべて正しい





解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解説

答えと解説

正解:B 関節腔狭小化の有意な抑制


正解は「関節腔狭小化の有意な抑制」。

605人の高齢OA患者を対象に2年間追跡したプラセボ対照二重盲検無作為化比較試験によると、

両剤併用は各単剤やプラセボと比べて他の治療法に比べて関節腔狭小化の有意な抑制
を示したが、

疼痛が大きく抑制されることはなかった

 と報告されている。

「SmartestDoc米国版」より出題


根拠となる原著抄録

Fransen M, et al. Ann Rheum Dis. 2015 May;74(5):851-8.

Glucosamine and chondroitin for knee osteoarthritis:
a double-blind randomised placebo-controlled clinical trial
evaluating single and combination regimens.


Abstract

Objective To determine if the dietary supplements, glucosamine and/or chondroitin,
result in reduced joint space narrowing (JSN) and pain among people with symptomatic knee osteoarthritis.


Methods A double-blind randomised placebo-controlled clinical trial with 2-year follow-up.
605 participants, aged 45–75 years, reporting chronic knee pain
and with evidence of medial tibio-femoral compartment narrowing
(but retaining >2 mm medial joint space width) were randomised to once daily
: glucosamine sulfate 1500 mg (n=152), chondroitin sulfate 800 mg (n=151),
both dietary supplements (n=151) or matching placebo capsules (n=151).
JSN (mm) over 2 years was measured from digitised knee radiographs.
Maximum knee pain (0–10) was self-reported in a participant diary for 7 days every 2 months over 1 year.


Results After adjusting for factors associated with structural disease progression
(gender, body mass index (BMI), baseline structural disease severity and Heberden's nodes),
allocation to the dietary supplement combination (glucosamine–chondroitin)
resulted in a statistically significant (p=0.046) reduction of 2-year JSN
compared to placebo: mean difference 0.10 mm (95% CI 0.002 mm to 0.20 mm);
no significant structural effect for the single treatment allocations was detected.
All four allocation groups demonstrated reduced knee pain over the first year,
but no significant between-group differences (p=0.93) were detected.
34 (6%) participants reported possibly-related adverse medical events over the 2-year follow-up period.


Conclusions Allocation to the glucosamine–chondroitin combination
resulted in a statistically significant reduction in JSN at 2 years.
While all allocation groups demonstrated reduced knee pain over the study period,
none of the treatment allocation groups demonstrated significant symptomatic benefit above placebo.


グルコサミンは飲んで効きますか?と患者さんによく聞かれて、
効果ないですよ。 と言ってきましたが、

このような論文が出ると、そうとも言えなくなってきました。

グルコサミン硫酸塩とコンドロイチン硫酸塩併用によって、
関節腔狭小化は抑制される可能性はあると言わなければならなくなったようです。


関連記事
2015/11/09 23:50 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: