> 小児歯科『極めて国試的なポイント』1 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
小児歯科『極めて国試的なポイント』1

pediatric-dentistry.jpg 
http://www.mexicodental.co/pediatric-dentistry


歯科医師国家試験を突破するために! DCロムニーハウスがお手伝い
November 09, 2014 からの転用



-小児の外科-


最初のポイントは『抜歯』


1)次のうち、抜歯の適応症はいくつあるだろうか。

●歯冠崩壊が著しい
●根尖が露出している
●歯根吸収が1/2以上進行した感染根管
●交換期にある動揺した乳歯
●晩期残存乳歯
●授乳困難のきたす先天性乳歯

正解は『6個全て』である。


2)次のうち、抜歯が禁忌なのはいくつあるだろうか。

●白血病
●血友病
●紫斑病
●高度の貧血
●心疾患
●1型糖尿病
●腎疾患
●拡張器血圧が80を超える
●バセドウ病、アジソン病などの内分泌疾患

正解は『8個』である。

拡張器血圧が80を超えても問題ない。
だが、それ以外の所見は全て禁忌である。


3)抜歯のプロセスの問題

○×で答えよ。

① 複数歯を抜くときは『遠心歯』から。
② 乳前歯は回転力で、乳臼歯は頬舌的に動かして抜く。
③ 抜歯窩に小さな骨片が残った。無理に取り除く必要はない。
④ 抜歯窩に大きな骨片が残った。取り除く必要がある。
⑤ 抜歯後、1時間くらいガーゼを噛ませる。
⑥ 帰宅時に、患側の口唇にシールを貼る。


答えは、

① ○
② ○
③ ○
④ ○
⑤ ×
⑥ ○

・出血で術野が見えなくなるのを防ぐために遠心歯から!

・小さな骨片は、取り除くときに抜歯窩を傷つけるおそれがある!

・1時間は長すぎる。15分で大丈夫。

・シールを貼ることで、麻酔後の誤咬を防ぐ!



4)『正中埋伏過剰歯』について、○×で答えよ。

① 逆性過剰歯が萌出することはない
② 頬舌的位置の確認には咬合法がよい
③ 頬舌的位置の確認には偏心投影法がよい。
④ 麻酔は、範囲を術野よりも広くとる
⑤ 抜去後は、粘膜を十分に圧接する


答えは

① ○
② ○
③ ○
④ ○
⑤ ○


・逆性過剰歯は萌出することはない(順正過剰歯は萌出することもある)。

・空気を排除するために、粘膜は十分に圧接・密着させる。


5)『小帯異常』のポイント


通常、乳歯列期での小帯切除は推薦されないが、永久歯の萌出を阻害するときは切除する。
ここで「上唇小帯の切除」のポイントとして『Blanchテスト』がある。

これは上唇を持ち上げ、小帯を引っ張ることで、『歯間乳頭』の貧血状態を判定するもの。
白く貧血した時に、小帯切除の対象になる。


次に、舌小帯の異常についてだが、これはすなわち『舌小帯が短縮』しているということだ
舌で口蓋を触れることができない、前方にだせないなど。
また、舌を前方に出すと、『ハート型』にくぼむこともポイントである。
また、構音障害も生じ、発音障害も生じる。そういう時に『舌伸展手術』を行う。



次のうち、正しいものに○を、間違っているものに×をつけよ。

① 小帯切除術では、表面麻酔と浸潤麻酔の両方を使う。
② 切開線はV字状におこなう。
③ メスで切除後、縫合をする



正解は

① ○
② ○
③ ○


・たしかに、舌小帯を切除したあとに、縫合するとき、
 舌下部にある唾液腺の開口部を縫合してはならないが、
 言うまでもなく、切除部は縫合する。



6)「含歯性嚢胞」について!

あまりにも有名なので、皆さんご存知だと思いますが、一応、治療法について・・・

もちろんケースバイケースだが、国試的には、


まず、『開窓術』or『牽引法』

次に、『摘出術』


多くの場合、乳歯を抜去して、その後に、嚢胞の開窓を行う。
(経過観察し、抜去したことにより隣接歯が傾斜することを防止するために、
リンガルアーチの補助線などで傾斜を防止する)



-乳歯の外傷-


これも毎年恒例の範囲といえるが、ポイントをおさえることが大切。


次の問題に○×で答えよ。

① 乳歯の外傷は1~3歳が最も多い。
② 原因は転倒が50%を占める。
③ 歯冠(エナメル)破折にて、破折が小さいときは、辺縁を研磨する。
④ 歯冠(エナメル)破折にて、破折が大きいときは、残った片をCRでくっつける。
⑤ 歯冠(エナメル)破折にて、破折が大きいが、残った片がないときは、歯冠修復する。
⑥ 歯冠(象牙質)破折では、間覆をし、歯冠修復する。
⑦ 露髄を認めるが、数時間以内かつ生活歯の場合は、直覆or生切後、歯冠修復する。
⑧ ⑦は局所麻酔下で行う。
⑨ 露髄面が大きく、長時間経過し、失活歯の場合は、保存できない。
⑩ ⑨は局所麻酔下で行う。



正解:全て○


ちなみに、永久歯の外傷は7~8歳。同様に転倒が多い。


ここからは、問題形式よりも、解説したほうが理解しやすいと想うため、次に解説を行う。


歯根破折について


3つの種類がある。


① 根尖側1/3の場合・・・経過観察(動揺してるときは固定)

② 根中央部の場合・・・確実に動揺しているため2ヶ月は固定する。その後決める。

③ 歯頸部1/3の場合・・・局所麻酔下で「抜歯」


ちなみに、108回の国家試験には、小児の『永久歯』の抜歯について問われるかもしれない。
その時のポイントとして、



☆覆髄について!

・露髄面が小さく、受傷後早期の場合は、直覆の適応。

・露髄面が2mm以上で、生活反応あるときは、生切の適応。

生切では、断髄後に水酸化カルシウム製剤を貼付し、GIで裏層後、CRで歯冠修復。
もし、生切が良好に出来た時は、「デンティンブリッジの形成」かつ「歯根の発育」が見られる(アペキソゲネ-シス)。



☆抜歯を選択した場合、その後は放置ではなく、
『テンポラリー(暫間的)な義歯』を装着させることを忘れずに!!
これは107回に出ましたね。




-筋機能療法-


最近の国試では、極めて臨床的な問題、言い方を変えると、
臨床医がときやすい問題が増えている傾向にあると思う。
そのため、まだ国試には出題されたことはないが、
いつでてもおかしくないものを織り交ぜて、今回は紹介する。



次の問題に○×で答えてみてほしい。

① 吸指癖の対応として、フィンガーガード、指サックなどを用いる。
② 吸指癖の対応として、オーラルスクリーンを用いる。
③ ブラキシズムの対応として、ナイトガードを用いる。
④ ブラキシズムの多くは睡眠中にみられる。
⑤ 小児のブラキシズムではまずは、経過観察をする。
⑥ 口輪筋の機能訓練として、紐のついたボタンを口唇にはさみ引っ張る。
⑦ 温水を口いっぱいに含ませる。
⑧ 管楽器を練習させる。


正解:全て正しい。




関連記事

スポンサーリンク

2015/11/10 22:03 小児歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: