> PSCとPBCの違い - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
PSCとPBC

とある医学生の雑記帳
 (2014 9/17 配信)を改編


PBCとPSCが紛らわしいので整理。


PBC=primary biliary cirrhosis=原発性胆汁性肝硬変

normal_bille.jpg 
http://gastroindia.net/?page_id=284

PSC=primary sclerosing cholangitis=原発性硬化性胆管炎


200711131434_46780_000.jpg 

https://gi.jhsps.org/GDL_Disease.aspx?CurrentUDV=31&GDL_Disease_ID=80BA0B13-D845-444B-8E1F-A96804DBADA0&GDL_DC_ID=9AA60584-3607-4D15-A459-BD3F67A3A4A7





PBCは肝硬変。

PSCは胆管の炎症。



PBCは慢性の肝内胆汁うっ滞をきたす疾患。
肝内胆管における慢性非化膿性破壊性胆管炎が特徴的。
PBCでも胆管の炎症が起きているからややこしい…。



PSCは管内外の胆管の繊維製狭窄を生じる進行性の慢性炎症性疾患。
病理的には胆管癖の繊維性肥厚とそれに伴う内腔の狭窄が見られ、
繊維性閉塞性胆管炎の像を呈する。
これも進行すると肝硬変になるからややこしい…。



■ではどう理解すればよいのか

PSCは胆管が潰されるという点ではPBCと同じであるが、違う点もある。

まず侵される胆管の太さが違う。

PBCでは肝内の小さな胆管が潰されるが、
PSCでは肝内・肝外を問わず全ての胆管が侵される。
特に肝外胆管と太めの肝内胆管が中心。

病理所見でも
PSCでは胆管を取り囲むように玉ねぎ用に輪状の線維化をきたすという特徴がある。
これはPBCではみられない。



■PSCとPBCの違い

・PSCはPBCよりも頻度が少ない

PBCは中高年の女性に好発するがPSCは20~40代の男性に多い

PBCはシェーグレン症候群の合併症が多く, 
  PSCは潰瘍性大腸炎の合併症が多い。

・腹部画像診断で
PBCは異常所見なし
PSCはERCPやMRCPで肝内肝外胆管に多発性の狭窄・壁不整などを認める
(=連珠状所見beaded appearance)


関連記事

スポンサーリンク

2015/11/13 23:27 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: