スポンサーリンク ZTTとTTT - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
ZTTとTTT高値の原因
とある医学生の雑記帳 (2015 9/26 配信)を改編

ztt.gif 
http://kensin.igaju-tky.com/2006/10/ztt_ttt.html




TTTはチモール混濁テストの略であり、
ZTTは硫酸亜鉛混濁試験の略である。


ZTTはγグロブリンの総量に比例して反応するが、

TTTはグロブリンの中でもとりわけIgGと相関することが知られていて、
一般的に肝臓機能の検査で用いられる。


TTTやZTTの検査では原理としてコロイド反応(膠質反応)を利用している。

コロイド(=膠質)というのは液体中において粒子が顕微鏡では見えない程度の大きさになって漂っている状態のことである。
血清におけるコロイドとはタンパク質のことであるが、ここに重金属や有機物などが加えることにより沈殿させ、
どの程度沈殿しやすいかでコロイドの状態を見ることが出来る。

このコロイド反応は一般的にγグロブリンがあれば促進され、アルブミンがあれば抑制されることが知られている。
そのことを利用して、コロイド反応の起こりやすさによってγグロブリンがどの程度あるのかの指標としているのである。


よって
肝機能悪化によってこれらの値は変動するわけであるが、
決して特異的でないためにそこまで重視される検査とは言えない


しかしながら、
肝機能異常に対する治療がどの程度功を奏しているのか、
推移のマーカーとして用いることは可能
である。


■TTT、ZTT上昇の原因

肝硬変、慢性肝炎、急性肝炎、肝臓がん、多発性骨髄腫など


■TTT、ZTT低下の原因

逆に低下していたらアルブミンが低い状態、
例えばネフローゼ症候群、糸球体腎炎などが考えられる。


また、これらは健常人においても脂肪を多く取っているなど食事の内容によっては基準値を超えることもある
健康診断の一ヶ月ぐらい前から食事に気をつけるだけでも値を改善させることは可能である。


関連記事

スポンサーリンク

2015/11/13 23:43 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: