> フランスではエキノコッカスも注意? - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
テロ事件でひっそりした仏パリですが、
この国ではエキノコッカス症は比較的よく遭遇するようです。

本邦では礼文島など北海道の一部でしか、
お目にかかれない稀なエキノコッカス。

20年ほど前にフランスに留学していた外科の先生が、
留学中にこのエキノコッカスに侵された肝臓を手術した経験があったとのこと。

手術中にのう胞が破れると、shock症状を起こしえるそうですが、
どうやって破れないようにオペするんですか?
と聞いたところ、破れても大丈夫なように特殊な吸引器を使うそうな。

ところで、何故フランスにエキノコッカス症の患者さんがいるのですか?
と、さらに聞いたところ、

北アフリカからの移民や旅行者が、アフリカで感染してフランス入国後に発症するのだそうです。

へー、知らなかったです。

確かに、

http://www.forth.go.jp/destinations/country/sahara_n.html というサイトによれば、

北アフリカは、エキノコックス症の流行地域です。
犬や野生動物の排泄物や河川の水から人に経口感染します。
動物との接触を避けるほか、食事の前には、きちんと手を洗いましょう。
また、河川や湧水の水を飲まないようにしましょう。

と、あります。

みなさん、北アフリカ旅行の際は気をつけましょう。


net上で調べた限りでは、
これがエキノコッカスのオペに用いられる器械でしょうか?

Perforator-Grinder -Aspirator apparatus というそうです。
動画で見られます。


エキノ オペ 

http://datab.us/2dyCWfmOR6A#Perforator-Grinder-Aspirator apparatus for Hydatid Cyst of Liver. Kist aspiratörü


本ブログ内の関係記事 ↓

虫体はひょうきんな顔つきだが、恐ろしき寄生虫



関連記事

スポンサーリンク

2015/11/17 20:08 感染症・微生物学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: