> 水様便(水溶性下痢)の原因・機序 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
水様便(水溶性下痢)の原因・機序

diarrhea.jpg 
http://www.webmd.com/digestive-disorders/understanding-diarrhea-basics


とある医学生の雑記帳 (2015-05-20  配信)を改編
http://tsunepi.hatenablog.com/entry/2015/05/20/150000

よくまとまってますね。


便が水様性になってしまうのには様々な原因がある。

原因ごとに説明します。



1、大腸の炎症(感染症)
黄色ブドウ球菌やコレラなどの毒素型の感染症により水様便を呈する。
(侵襲性のあるサルモネラ・カンピロバクターなどでは粘血便となる)


2、薬剤性
抗菌薬により菌交代現象が引き起こされ、
クロストリジウムディフィシルが大量に増殖し産生される毒素により
大腸の粘膜が侵されることにより水様便となる。


3、炎症性疾患
クローン病で縦走潰瘍が軽度であれば水様便となる。
潰瘍性大腸炎の場合潰瘍があるので粘血便となる。


4、腸管の動きの亢進
過敏性腸炎などのように腸管が活発に動くとやはり水様性の下痢となる。
また、カルチノイド症候群でセロトニンが大量に分泌されても腸管の平滑筋運動が活発となり水様便となる。


5、WDHA症候群

WDHAとは、

水様性下痢 Watery diarrhea
低カリウム血症 Hypokalemia
無酸症 Achlorhydria

水様性下痢、低K血症、無酸症の頭文字をとったものである。

pancreatic-neoplasms-14-728.jpg 
http://www.slideshare.net/clinica_qx01/pancreatic-neoplasms

病態としてはVIPを腫瘍性に産生してしまうことによる(VIPは血管活動性小腸ペプチドのこと)。

jpgm_2013_59_1_61_109501_f1.jpg 
Vipoma http://lookfordiagnosis.com/mesh_info.php?term=vipoma&lang=1

VIPは小腸からの水分と電解質の分泌を亢進させるので名前の通り水様性下痢となってしまうのである。
また、腸液中にはKが豊富に含まれるので低K血症にもなってしまう。                                     


6、溶質成分の増加
腸管内の溶質成分が増えれば、浸透圧により水が腸管側に引っ張られる

すると水分量が増えて当然水様便となる。原因は様々であるがたとえば・・・

乳糖不耐症では乳糖を分解できないために
慢性膵炎では脂肪を分解できない.

胃摘出後のblind loop症候群では盲端部に細菌が増殖し、
胆汁酸を奪ってしまい脂肪便となり浸透圧が上昇
して結果的に水様性下痢になる。

blind-loop-syndrome_1.jpg 
http://dxline.info/diseases/blind-loop-syndrome

タンパク漏出性胃腸炎ではタンパクが漏れることにより浸透圧が上がり水も増えて水溶性下痢となる。


7、pHの低下(Zollinger-Ellison症候群(ガストリノーマ)

腫瘍性にガストリンが分泌されてそれによって胃酸の分泌量も上昇する。
過剰に分泌された胃酸が小腸に流れ込むので小腸内のpHが大幅に低下してしまう。
そうすると、本来小腸で働くはずの消化酵素の至適pHからずれるためにうまく消化できない。
すると脂肪分の分解も行えなくなるので脂肪便となり、
脂肪便ということは浸透圧が上昇するということなので
水分が腸管に移動してきて水溶性下痢となるのである

zollinger-ellison-syndrome.jpg 
http://meddic.jp/Zollinger-Ellison_syndrome

関連記事

スポンサーリンク

2015/11/27 13:16 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: