> EMRとESDの違い - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
EMRとESDの違い

とある医学生の雑記帳 (2015 2/8 配信)を改編
http://tsunepi.hatenablog.com/entry/2015/02/08/030000


EMR:endoscopic mucosal ressection

日本語で言うなら内視鏡的粘膜切除術。
手順としては病変が膨隆するように液体を病変の下に注入する。
そしてスネアで病変をの下側の粘膜を縛る。
つまり病変部が膨隆してなくても施行することができる。
ただ、スネアの直径は2〜3cmしかないのでそれ以上の病変を取ることはできない。
よって適応は2cm以下の病変となっている。

筋層を縛っていないことを確認して高周波で切離する。
その後内視鏡的に切除物を取り除く。

1405120770_chapter_03_f9.jpg 
http://www.gastrohep.com/images/image.asp?id=920



ESD:endoscopic submucosal dissection

日本語で言うなら内視鏡的粘膜切開剥離術。
内視鏡的に病変を観察し、病変の周囲をマーキングする。
次に粘膜下に液体を注入し、病変部位を膨らませる。
そして粘膜下層を剥離し、病変を摘出する。
EMRと異なり、周囲粘膜に切り込みをいれ、
粘膜下層の剥離操作を行うのでEMRに比べて切除範囲を自由に決めることができる。
EMRだと分割になってしまういそうな病変でESDが選択される。

esd.png 
http://endoscopyasia.com/digestive_resection.aspx


これまでの研究で

ESDはEMRに比べて治療成績は圧倒的に優れ、
安全性も変わらないことがわかっており、
基本的にはESDによる治療が望まれる。

しかしコストの観点からある程度の棲み分けがされており、

5mm以下の病変ではEMR
5mmを越える病変ではESD

を用いるというようである。

スポンサーリンク



関連記事
2015/11/27 16:01 消化器外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: