> 口腔外科特集5:囊胞性疾患ほか - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
口腔外科特集5:囊胞性疾患ほか

Tumors.jpg 
http://anshudentalcare.com/Oral-Cysts-and-tumors-treatment-Jaipur.html


1)103C-30 口腔外科学
触診で圧縮性を示すのはどれか。1つ選べ。

a ガマ腫
b 線維腫
c 血管腫
d エプーリス
e 悪性リンパ腫


2)105A-59 口腔外科学
単純性骨囊胞の画像所見で正しいのはどれか。1つ選べ。

a 著明な骨膨隆
b 水に近いCT値
c テニスラケット状の隔壁
d ナイフカット状の歯根吸収
e 内部に石灰化を伴う骨吸収


3)103A-56 口腔外科学
上皮がみられるのはどれか。 2つ選べ。

a 歯根嚢胞
b 急性化膿性歯髄炎
c 慢性潰瘍性歯髄炎
d 慢性増殖性歯髄炎
e 根尖性骨異形成型


4)105C-48 口腔外科学
含歯性囊胞の原因歯で最も多いのはどれか。1つ選べ。

a 上顎側切歯
b 上顎第二小臼歯
c 下顎第一小臼歯
d 下顎第一大臼歯
e 下顎第三大臼歯


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


)103C-30 口腔外科学
触診で圧縮性を示すのはどれか。1つ選べ。

a ガマ腫
b 線維腫
c 血管腫
d エプーリス
e 悪性リンパ腫

解答 c

血管腫は圧迫にて圧縮性を示す ことも多い.
皮下発生で柔らかい腫瘍は良性であることが多い.


108回でも、似た問題でてます。

病理:腫瘍総論


で扱っています。 この問題です。

108A-87 
海綿状血管腫の特徴はどれか。2 つ選べ。

a 波 動
b 硬 結 
c 拍 動 
d 退色性
e 被圧縮性

解答 de



2)105A-59 口腔外科学
単純性骨囊胞の画像所見で正しいのはどれか。1つ選べ。

a 著明な骨膨隆
b 水に近いCT値
c テニスラケット状の隔壁
d ナイフカット状の歯根吸収
e 内部に石灰化を伴う骨吸収

解答 b

simple cyst
左下顎大臼歯部の単房性透過像 
http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/chapter5/html5/5_2g_001.html より)


単純性骨嚢胞(simple bone cyst)

血腫の器質化後に生じると考えられている骨の空洞

臨床事項
•若年者の下顎に多い。一般に無症状

病理組織所見
•骨と嚢胞腔の間に少量の線維性結合組識が存在するのみで、裏装上皮はない

整形で扱う孤立性骨のう腫 solitary bone cyst とほぼ同疾患と考えていいのだろう。


鑑別しなければならない other bone cyst
(以下、http://merckmanual.jp/mmpej/sec04/ch044/ch044e.html から)

線維性骨異形成:
線維性骨異形成では小児期の異常な骨成長がみられる。
線維性骨異形成は単一またはいくつかの骨を侵しうる。
皮膚色素沈着や内分泌異常がみられることがある(オールブライト症候群)。
線維性骨異形成の骨病変は,一般に思春期に進行が停止する。
線維性骨異形成はまれに悪性化を辿る。
X線上で病変は嚢胞性であり,拡張性で変形を生じることがある。
カルシトニンは痛みの軽減に有効でありうる。
進行性の変形,固定で治癒しない骨折,難治性疼痛は,整形外科的手術で改善する可能性がある。

動脈瘤性骨嚢胞:
動脈瘤性骨嚢胞は特発性で,通常20歳前に罹患する。
この嚢胞性の病変は通常長管骨の骨幹端に発生するが,
ほとんど全ての骨が侵されうる。
動脈瘤性骨嚢胞は緩徐に増殖する傾向がある。
骨膜の骨新生は腫瘍の辺縁を限定する傾向にある。
痛みと腫脹はよくある症状である。
病巣は,診断されるまでに数週間から数年間かかることがある。
X線上の外観はしばしば特徴的である:
薄くなった領域は通常,明らかに限局性かつ偏心性である
骨膜隆起は軟部組織に拡張し,骨新成によって囲まれることがある

http://www.oralstudio.net/stepup/jisho/sakuin/E382BF/01840_03.php 参照

口腔病理基本アトラス もよく見てください。

右のリンク集にあります。


3)103A-56 口腔外科学
上皮がみられるのはどれか。 2つ選べ。

a 歯根嚢胞
b 急性化膿性歯髄炎
c 慢性潰瘍性歯髄炎
d 慢性増殖性歯髄炎
e 根尖性骨異形成型

解答 a d

歯根嚢胞
慢性根尖性歯周炎に続発して発症する顎骨内の嚢胞。
歯原性嚢胞の一種であり、炎症性嚢胞の一種でもある。

http://www.usamimi.info/~ororz/chap2/203-1.htm 参照



4)105C-48 口腔外科学
含歯性囊胞の原因歯で最も多いのはどれか。1つ選べ。

a 上顎側切歯
b 上顎第二小臼歯
c 下顎第一小臼歯
d 下顎第一大臼歯
e 下顎第三大臼歯

解答 e

含歯性嚢胞(がんしせいのうほう) Follicular Cyst

含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)

歯の原基(歯を形成したもとのもの)の上皮から生じる嚢胞で、
その嚢胞腔内に埋伏歯の歯冠を含んでいます。
無症状に経過し、エックス線写真撮影で偶然に発見される場合が多くみられます。

好発部位は下顎埋伏智歯(親知らず)。

https://www.jsoms.or.jp/public/disease/setumei_noho/ 改編


関連記事
2015/11/30 23:46 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: