> 口腔外科ポイント2:出血性素因 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
口腔外科ポイント2:出血性素因

歯科医師国家試験を突破するために! DCロムニーハウスがお手伝い
May 10, 2014からの転用改編


まず重要な基本事項として、凝固因子について13個紹介する。

全て覚える必要はないが、
108回で何が問われるかはわからないため、

ポイントは押さといたほうがいい。

今回参考にした書籍は『改訂版 口腔顎顔面疾患カラーアトラス』


1:フィブリノーゲン

2:プロトロンビン

3:トロンボプラスチン

4:カルシウム

5:不安定因子

6:なし

7:安定因子

8:抗血友病因子AHG

9:クリスマス因子PTC

10:スチュワート因子

11:血漿トロンボプラスチン

12:ハーゲマン因子

13:フィブリン安定化因子



gyouko insi 
http://www.3nai.jp/weblog/entry/28648.html


出血性素因は次のように分類される


●血管壁の異常

・先天性・・・遺伝性出血性抹消血管拡張症(Osler)

・後天性・・・ビタミンC欠乏症、壊血病、Moller-Barlow病、紫斑病

検査:毛細血管抵抗性試験(Rumpel-Leede試験)にて異常


陽圧法(Rumpel-Leede法)Wikipedia

上腕部にマンシェット(圧迫帯)を巻いて静脈圧を上昇させ、毛細血管から出血を誘発し、
最高血圧と最低血圧の中間圧を5分間加えうっ血させ放置した後、
マンシェットを外し2分後に圧迫帯の下部から肘窩部にかけての皮膚の出血斑を数える。
正常では10個以下で圧迫帯のすぐそばのものは健常者でも出るので数えない。
成績の表現は4個以下を(-)、5~9個(+)、10~19個(++)、20個以上(+++)、無数(++++)と表現.


●血小板の異常

ITP(特発性血小板減少性紫斑病):自己免疫疾患

・血小板無力症

   症状:自然出血、歯肉出血

   検査:毛細血管抵抗性試験(Rumpel-Leede試験)にて異常

   ☆肝臓に障害があると血小板は減少する


●血液凝固の異常

血友病A 原因:第8因子(抗血友病因子AHG)が欠乏 Aの方が多い

血友病B 原因:第9因子(クリスマス因子PTC)が欠乏

☆血友病は先天的な凝固因子の異常、伴性劣性遺伝

症状:出血斑、関節内出血、関節痛

検査:全血凝固時間の延長

  :部分トロンボプラスチン時間の延長

  :出血時間は正常

  :毛細血管抵抗性試験(Rumple-Leede試験)は正常・・・血小板数に異常なし



☆毛細血管抵抗性試験は『血友病のみ』が正常!


☆ちなみに、先天的な凝固因子の異常は、第8因子
(PHG)、第9因子(クリスマス因子)
のみならず、第3因子(トロンボプラスチン・組織因子)、第4因子(カルシウム因子)もある。

これらは常染色体劣性遺伝


●線溶系の異常

これそのものは正常な機能だが、過度に働くと出血を引き起こす

1次線溶:血液凝固の前に起こる

2次線溶:血液凝固の後に起こる


●その他、それぞれの以上が混合しているもの


・Von-willebrand

そもそも、vw因子は正常な人にもある。問題は、これが不足することだ。

なぜならば、
vw因子は「第8因子(PHG)の構成」、「血小板粘着能」があるからだ。


検査:全血凝固時間の延長

  :部分トロンボプラスチン時間の延長

  :出血時間の延長

  :毛細血管抵抗性試験(Rumpel-Leede試験)にて異常


・播種性血管内凝固症候群(DIC)

全身に血栓を生じてしまう

原因:薬物アレルギー、アナフィラキシーショック

検査:血小板数の減少

  :フィブリン体分解産物FDPの増加

  :フィブリノーゲンの減少

  :全血凝固時間の延長

  :部分トロンボプラスチン時間の延長

  :プロトロンビン時間の延長

  :出血時間の延長

  :毛細血管抵抗性試験(Rumpel-Leede試験)にて異常


・後天性血液凝固異常症

主として3つあるが、今回は特に大切な2つを紹介する。


・ビタミンK欠乏症:

肝臓でのビタミン
K依存性の凝固因子(2、7、9、10因子)の産生が低下する。

これはワーファリンによる、
VK拮抗作用によることがある。


・肝疾患 :肝臓での凝固因子の産生低下による。



☆さて、ここで血液凝固を阻止する抗凝固薬を紹介する。

今さっき紹介したワーファリンは、

ビタミン
K依存性凝固因子合成阻害薬と呼ばれるが、

その他にもヘパリン凝固検査に用いるクエン酸
Na

血液検査に用いる
EDTA血糖値のフッ化ナトリウム

輸血で用いる
ACDなど。

とても大切な医学の基礎知識であるため、歯科国試的にも大切だ。



関連記事

スポンサーリンク

2015/12/02 23:52 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: