> 日本口腔外科学会認定医試験 過去問題 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
日本口腔外科学会認定医試験 過去問題集
(H1~H13)

6524442_orig.jpg 
http://christinahiller.weebly.com/

日本口腔外科学会認定医試験問題です。
歯学部5-6年の定期試験の参考にしてください。
各項目の確認には役に立つでしょう。
患者への対応など、かなり実践的な内容も含まれているようです。

残念ながら、解答は付いていませんでしたのであしからず。

少し古いですが。
今は、multiple choise test なのでしょうか?
詳細は、また口腔外科専門医にも聞いてみます。

出典サイトは以下の如く、旭川医大病院の歯科口腔外科からの引用

http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/oral/past%20test.html



平成元年度 第10回口腔外科認定医試験問題

1.左側頚部郭清術の際の注意点を記せ
2.血友病の抜歯の際の注意点
3.関節突起頚部骨折について;保存的,観血的 炎症の発生機序および進行過程について図示して説明せよ
4.口蓋形成術(push back)の実際について述べ,手術のポイントを説明せよ顔裂性嚢胞を列記し,説明せよ
5.顔領域に疼痛を生じさせる疾患を分類し,列記し,特徴について記せ
6.ワルチン腫瘍の診断と治療について


平成2年度 第11回口腔外科認定医試験問題

1.小児下顎骨骨折の症状と治療法について述べよ 左側舌側縁の舌癌のstaging別の治療法について記せ
2.急性骨髄性白血病について簡潔に記せ
3.顎関節部骨折の治療法について記せ
4.感染症の成立条件について記せ
5.唇顎口蓋裂の一貫治療における口腔外科医の果たす役割について
6.ガマ腫と鑑別する疾患を2つ挙げ,その鑑別点を述べよ
7.水平埋伏歯の抜歯後オトガイ神経領域の完全麻痺が生じた.原因,ムンテラ.治療の対策について 
 

平成3年度 第12回口腔外科認定医試験問題

1.口蓋形成術後に鼻咽腔閉鎖不全になる原因について
2.日和見感染についてその対処法について
3.下顎骨骨折の好発部位と治療法について
4.エナメル上皮腫について成因,分類,病理,治療法について
5.歯原性角化嚢胞の病理組織学的特徴と臨床上の留意点について
6.白血病裂孔について
7.真性三叉神経痛と仮生三叉神経痛の鑑別点と特徴について
8.顎関節部手術の際のアプローチ法について


平成4年度 第13回口腔外科認定医試験問題

1.Obwegeser原法と Obwegeser -Dal pont法との相違点を説明し,利点欠点を述べよ。
2.顎関節前方脱臼の症状と処理について述べよ。
3.HB患者の手術の注意点を述べよ。
4.濾胞性嚢胞と鑑別を要する疾患を列記し説明せよ。
5.腺様嚢胞癌の特徴,処置について述べよ。
6.D.I.Cについて述べよ。
7.口腔外科顔面領域における血管痛,癌性疼痛,三叉神経痛を鑑別せよ
8.40歳男性,顎下部に限局性の無痛性硬結腫瘤を示す疾患を列記し
 それに対する有効な検査法を列記せよ。


平成5年度 第14回口腔外科学会認定医試験問題


1.顎骨骨折に対する非観血的整復術について,その特徴について述べよ
2.前癌病変としての白板症について記せ.またその生検時に留意する点について列挙せよ
3.急性骨髄性白血病の診断とその口腔内症状について簡潔に述べよ
 変形性顎関節炎の原因とその治療法について
4.MRSAの定義(発生起源も含めて)と発症者に対する臨床的対応について述べよ
5.push back ope.の実際について述べよ
6.内容液からみた歯根嚢胞の増大因子について知るところを記せ.
7.顔面神経麻痺を起こしやすい手術法を3つ挙げ,その注意点について述べよ


平成6年度 第15回口腔外科認定医試験問題

. 1.下顎骨矢状分割術の骨固定法を3つ挙げ説明せよ
2.頬骨・頬骨弓骨折の症状とそのメカニズムについて述べよ
 また,観血的整復固定術の要否についての所感を述べよ
3.下顎骨智歯周囲炎について述べよ
4.軟組織に生じた類皮嚢胞,類表皮嚢胞の好発部位とその特徴ある
  臨床症状を挙げよ
5.T2N1M0 の舌癌患者が受診した。この患者のカルテを作成し,治療法について記せ。
6.Frey症候群について述べよ。
7.習慣性顎関節脱臼の観血的処置法について述べよ。
8.出血傾向には,①(  )の異常,②(  )の異常,③(  )の異常が挙げられる。①,②,③の疾患を挙げよ。


平成7年度 第16回口腔外科認定医試験問題

1.上顎前突症(Angle Class2)に対する外科的治療法について述べよ
2.Blow out fracture の診断の要点と治療法を略術せよ
3.口腔領域にみられる日和見感染について述べよ
4.歯原性角化嚢胞の臨床的特徴を述べよ
5.口腔白板症の病態と治療について述べよ
6.Hunt症候群について述べよ
7.顎関節症に関し次のことについて解答せよ
 1)本症の原因について
 2)主症状
 3)現在顎関節症は5型に分類されているが そのうち最も症例
  の多いのはどれか
 4)主な治療法を列挙せよ
8.次の各疾患について特徴的な血液所見を簡記せよ
 1)悪性貧血
 2)赤血病
 3)急性骨髄性白血病
 4)血友病
 5)顆粒球減少症


平成8年度 第17回口腔外科認定医試験問題

1.下顎後退症の処置と手術法とその問題点
2.病的骨折とはなにか,その処置法について
3.AIDSの病因,病態,口腔内病変について
4.ガマ腫と類表皮嚢胞の好発部位,性状,嚢胞内容と性状,処置方法
5.唾液線腫瘍の画像診断
6.仮生三叉神経痛の原因,診断,症状鑑別,治療について
7.顎関節脱臼の生じやすい場合と症状
8.抜歯後出血について止血処置をおこないながら原因を決定していく手順について


平成9年度 第18回 口腔外科認定医試験

1.下顎前突症に対する下顎枝矢状分割術について
   1.骨切り線と術後の下顎の状態を図示しなさい
   2.器具の滑脱や誤動作があった場合に損傷されるおそれのある
    血管・神経を挙げなさい。
2.創傷治癒の遅延や阻害の因子を分類して述べよ。
3.歯性感染症の治療の原則について述べよ。
4.術後性上顎嚢胞について知るところを述べよ。
5.顎下腺腫瘍摘出時における合併症、偶発症および摘出時の注意事項について述べよ。
6.舌痛症の臨床症状、鑑別診断および治療法について述べよ。
7.シェーグレン症候群の診断基準について述べよ。
8.急性白血病の病態と末梢血液所見ならびに口腔領域の特徴的病変を述べよ。


平成10年度 第19回 口腔外科認定医試験問題
 
1.軟口蓋裂の患児を第1子に持つ両親が次の子供をもうけるかどうか悩んでおります。
どのようにアドバイスをしますか?
2.頬骨骨折について
1)副損傷として何が多いか?
2)骨折の仕方に特徴がある。それは何か?
3)整復の方法を2種類以上述べよ。
4)固定の仕方を2種類以上述べよ。
3.歯性炎症と感染性心内膜炎との関係について述べよ。
4.甲状舌管嚢胞(正中頚嚢胞)の成因と外科処置時の留意点について述べよ。
5.口腔領域の悪性黒色腫について述べなさい。
6.顔面神経の主要な分枝名を挙げ、そのうち特に下顎骨病変に対する
   顎下部皮膚切開時に神経損傷しないための切開線の設定と剥離法に 
   ついて神経走行を含め述べよ。
7.唾石症の診断と処置方法について述べよ。
8.抗凝固療法を受けている患者の観血的処置時の注意点について述べよ。


平成11年度 第20回 口腔外科認定医試験問題

1. 唇裂閉鎖手術において“いわゆるミラード法”と“いわゆる三角弁法”との優劣を述べよ。
2. 上顎骨骨折の分類と整復・固定時の最も大切な考慮点を簡明に述べよ。
3. 口腔感染症の特徴について,感染経路,原因菌,解剖学的特性の観点より述べよ。
4. 顎嚢胞の治療について,開窓法を適応すべき場合およびその術式について説明せよ。
5. 右舌側中央部に原発した扁平上皮癌患者(44歳男性)が来院した。
   T2N1M0で全身検査の結果も特に問題となる所見なし。
   治療方針について患者及び 家族への説明をどのように行うか。
6. herpes zoster(帯状疱疹)について述べよ。
7. 顎関節雑音の処置方針について述べよ。
8. 透析患者の抜歯に際して留意すべき点を3つあげよ。


平成12年度 第21回 口腔外科認定医試験問題

1.顎変形症のうちで下顎に対する手術法を4つ挙げ,そのうちの1つを簡単に手術法を 図示せよ。
2.下顎頸部骨折に対する治療で,保存的療法と観血的療法の長所・短所を述べよ。
3.口腔結核症について述べよ。
4.歯原性角化嚢胞の臨床像ならびに病理組織像について説明せよ。
5.口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移の診断法について記せ。
6.舌咽神経痛の症状と治療法について述べよ。
7.顎関節内障とはいかなる病態か,またその主な臨床症状および画像所見を記せ。
8.高血圧患者の口腔外科小手術に際しての注意点について簡単に記せ。


平成13年度 第22回 口腔外科認定医試験問題

1.口唇裂の手術法には通常三角弁法がよく用いられるがどのような方法があるかま た,
  上唇上部に三角弁を作る方法と上唇下部に三角弁  を作る方法があるが,その名称 を記せ。
2.金属プレートで固定した下顎骨骨折患者で,術後に感染を来した症例を想定し,その 処置方針を述べよ。
3.歯根迷入が原因となって発症した慢性歯性上顎洞炎の診断と治療について述べよ。
4.舌下・顎下型ラヌーラの処置法について記せ。
5.舌扁平上皮癌の頸部リンパ節転移相と頸部郭清術(根治的,機能的)について述べよ。
6.下歯槽神経麻痺を来しやすい手術とその予防法について述べよ。
7.開口障害を原因別に分類し,主な疾患を2つづつ挙げよ。
8.糖尿病患者に対して口腔外科的手術を行う場合の考慮点について記せ。







関連記事

スポンサーリンク

2015/12/05 12:30 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: