> 病理ポイント集4:口腔病理 各論1 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
病理ポイント集4:口腔病理 各論1

oral pathology 
http://www.amazon.in/Shafers-Textbook-Oral-Pathology-Sivapathasundharam/dp/813123097X


歯科医師国家試験を突破するために! DCロムニーハウスがお手伝い

15分で学べる国試ポイント集 から引用改編



●Kuttner腫瘍

・顎下腺が腫脹をきたす
・腺内が線維化する
・腺房細胞が萎縮・消失
・導管の拡張

以下はOral Studioから

【概要】
慢性増殖性顎下腺炎

■原因
不明(口腔からの慢性感染と唾液の流出障害)

■症状
片側顎下腺の腫脹、硬結、圧痛

■臨床所見
成人、男性
ゆっくり腫脹(年単位)

■エックス腺写真
造影エックス線写真で導管拡張

■組織所見
腺房萎縮、炎症性細胞の浸潤、線維化

■治療
顎下腺摘出術

■鑑別
顎下腺腫瘍、結核性リンパ節炎

  • 唾液腺炎には
    ●ウイルス性唾液腺炎 (1)流行性耳下腺炎 (2)巨細胞封入体症など
    ●Sogren症候群
    ●Kuttner腫瘍
    等がある。

    補足
  • キュットネル腫瘍(Küttner tumor)とよばれてきたが、腫瘍性病変ではない
  • 口腔からの上行性感染、異物や唾石症による唾液の排出障害などが原因と考えられている
  • 近年、IgG4関連疾患・Söjgren症候群との比較検討が多くなされている
  • http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/chapter8/html8/8_d_001.html 参照

  • ●歯原性嚢胞

    ・歯根嚢胞
    ・歯肉嚢胞
    ・歯周嚢胞
    ・含歯性嚢胞
    ・萌出性嚢胞
    ・原始性嚢胞
  • 各組織像は、口腔病理基本アトラス
  • http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/menu_5.html
  • で確認を!

  • ●乳頭腫と線維腫の違い

  • ・乳頭腫

    HPVによる発症。あるいは外的な刺激。
    治療:切除術
  • 《特徴》
    上皮性の良性腫瘍
    乳頭状、花キャベツ状を示す
    舌、口蓋に好発するが10歳以下には少ない

    《病理組織像》
    樹枝状に伸びた上皮脚が特徴

    《治療》
    硬口蓋部などに出来たときには骨膜を含めて除去

    《鑑別》
    やや白色を呈することがある→白板症/扁平苔癬との鑑別

    以上、Oral Studioから

    ・線維腫
    外的な刺激。
    治療:外的な刺激の除去、大きい場合は切除



    ●歯肉線維腫症

    ・結合組織が増殖したもの
    ・上皮の肥厚
    ・弾力性がある
    ・再発しやすい
    ・炎症所見はみられない

    以下、Oral Studio から

    【概要】
    遺伝性に幼児期から歯肉の過剰形成(歯肉増殖)が生じる疾患

    【詳細】
    唇側口蓋側ともに粘膜色の歯肉の増殖を認め、部位により歯冠中央に達する増殖を認める

    ■症状
    全顎歯肉の増殖を認めるが、前歯部に著明にみられる。高度な場合は歯肉の中に歯が埋入する。歯肉は正常色で硬い。

    ■組織所見
    炎症性細胞浸潤は少なく、線維の増殖を認める。

    ■治療
    歯肉切除術

    ■鑑別
    薬剤が原因で歯肉増殖を認めるもの(フェニトイン歯肉増殖症、ニフェジピン歯肉増殖症、シクロスポリン歯肉増殖症)


    参考文献:口腔外科学 第四版 医歯薬出版株式会社

    歯科医師国家試験過去問題より




    ●歯原性線維腫と歯原性粘液腫

    この2つのいずれかも、2年に1回のペースで出題されています。
    2つとも『間葉あるいは歯原性外胚葉性組織からなり、歯原性上皮を伴うあるいは伴わない』ものに分類される。

    まずは、『歯原性線維腫』
    ・顎骨の無痛性膨隆
    治療は「摘出」

    次に、『歯原性粘液腫』
    ・顎骨中心性に発生
    ・顎骨の無痛性膨隆
    ・増大とともに歯の位置異常が生じる
    ・エックス線所見:テニスラケット状
    (多胞性透過像内部に樹枝状の不透過像がみられる⇒この正体は「骨梁」)
    ・生検にて、「ゼリー状」の粘稠性物質
    ・線維性組織は乏しい:歯原性線維腫との違い
    治療は「下顎骨区域切除術」あるいは「下顎骨辺縁切除術」



    ●腺様嚢胞癌

    ・顎下腺、舌下腺に好発。(その他の唾液腺腫瘍は耳下腺に好発)
    ・筋上皮細胞、導管上皮細胞が存在
    ・発育は緩慢
    ・血行性転移が多い
    ・早期から疼痛、知覚麻痺が生じる

関連記事

スポンサーリンク

2015/12/05 18:58 病理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: