様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
今回は、基礎医学(組織学)の問題

問題 (USMLE step1から)



破骨細胞について誤っているのはどれか。

a Howship陥凹(窩)がみられる。
b 骨の再吸収を行う。
c カルシトニンにより活性化される。
d 多核性である。
e 骨の再構築を助ける。



osteoclast 
https://thesensitivescientist.wordpress.com/2011/11/17/osteoclasts-have-feelings-too/ から



解説はMOREを

関連記事(一部広告含む)


今回は専門の整形分野なので気が楽です。

まずは、破骨細胞についての解説。
(Wikipediaからの解説を引用改編)

破骨細胞(osteoclast)とは、骨のリモデリング(再構築)において、
骨を破壊(骨吸収)する役割を担っている細胞
である。
5~20個(あるいはそれ以上)の核をもつ多核の細胞である。

破骨細胞は骨基質を溶かして吸収する。
具体的には周りにコラゲナーゼや水素イオンその他の酵素を放出し、
コラーゲンの分解やカルシウム塩結晶の融解を引き起こす。

また、酵素によって浸食された部位ではハウシップ窩(Howship's lacuna)というくぼみができる。

ハウシップ
吸収部の拡大像(脱灰標本)
吸収部にみられる窩状の欠損(ハウシップ小窩 Howship’s lacunae)(★)
小窩内に存在する多核の破歯細胞 odontoclast、破骨細胞 osteoclast(矢印)
http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/chapter2/html2/2_g_003g.html より


活発な破骨細胞の骨基質に接する表面、つまりハウシップ窩側は不規則なひだ状である。
この突起は波状縁(ruffled border)と呼ばれ、この周囲はアクチンフィラメントが多く明帯とよばれる。

波状縁

http://www.eisai.jp/medical/region/bone-joint/osteoporosis-gazou/0710v6n4/02.html より

破骨細胞は、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone:PTH)やカルシトニン(calcitonin:CT)によって、
その働きがコントロールされている。
カルシトニンは、血中のカルシウム濃度を下げる働きをし、また破骨細胞の働きを抑制する。
副甲状腺ホルモンは、骨芽細胞によるカルシウムイオンの細胞外液への輸送と破骨細胞による骨吸収を促進して、反対にカルシウムイオンの量を増やす。

ということで、

a ○
b ○
c × カルシトニンは破骨細胞の働きを活性化するのでなく、抑制するので×。
d ○
e ○

正解はC

どうでしたか。
歯科大の学生さんには簡単だったでしょう。



ワンポイント アドバイス

比較的希な疾患ですが、

骨ページェット病(Paget's disease)では破骨細胞による骨融解が異常に亢進した状態。
これを直そうと骨芽細胞が未熟な骨(線維骨)を作るので骨がもろくなる。

大理石骨病(osteopetrosis)では、破骨細胞は波状縁を欠き、
骨吸収が出来ないので骨が異常に成長し硬くなる状態。

各種試験では、あまり出ないかもしれませんが、記憶の片隅においておいてください。

大理石病
大理石骨病の骨盤X線像
骨盤骨全体がチョーク状に硬化している特徴的X線像を呈している。
Wikipediaから

ということも、覚えておいてください。




関連記事
2015/04/10 17:31 組織学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: