> 108回歯科国試D:口腔外科(その他) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
108回歯科国試D:口腔外科(その他)


108D-2
73 歳の女性。摂食困難を主訴として来院した。
6か月前から義歯の不適合に気付き、1か月前から食事時に痛みが生じるようになったという。
初診時の口腔内写真(別冊No. 2A)、エックス線写真(別冊No. 2B)
及び生検時のH-E 染色病理組織像(別冊No. 2C)を別に示す。
適切な治療法はどれか。1つ選べ。

108D-2.png

a 腫瘤切除
b 抗癌剤投与
c 抗真菌薬投与
d 下顎区域切除
e 副腎皮質ステロイド軟膏塗布

解答:A


108D-26
39 歳の女性。下顎左側臼後部の膨隆を主訴として来院した。2か月前に気付いたという。
生検、埋伏歯抜去および開窓を行い、ある装置を装着した。
装置の写真(別冊No. 26A)、初診時のエックス線写真(別冊No. 26B)
及び手術後と装置装着時の口腔内写真(別冊No. 26C)を別に示す。
この装置を使用する目的はどれか。2つ選べ。

108D-26.png

a 疼痛の軽減
b 薬剤の留置
c 創部の圧迫止血
d 開窓部の閉鎖防止
e 腔内への食渣の侵入防止


解答:DE


108D-38 

81 歳の女性。鼻腔周囲の違和感を主訴として来院した。
1 年前から鼻閉感を感じていたが放置していたという。
初診時のエックス線写真(別冊No. 38A)とCT(別冊No. 38B)を別に示す。
疾患が存在するのはどれか。1つ選べ。

108D-38A.png 

108D-38B.png

a 前頭洞
b 篩骨洞
c 上顎洞
d 蝶形骨洞
e 海綿静脈洞




108D-45 
8 歳の男児。口唇の乾燥を主訴として来院した。
1年前から気付いていたが、日常生活に支障がないため放置していたという。
安静時の顔貌写真(別冊No. 45)を別に示す。
誘因と考えられるのはどれか。1つ選べ。

108D-45.png

a 鼻 閉
b 咬唇癖
c 咬爪癖
d 歯ぎしり
e 上口唇過緊張




スポンサーリンク


解答


108D-2

73 歳の女性。摂食困難を主訴として来院した。
6か月前から義歯の不適合に気付き、1か月前から食事時に痛みが生じるようになったという。
初診時の口腔内写真(別冊No. 2A)、エックス線写真(別冊No. 2B)
及び生検時のH-E 染色病理組織像(別冊No. 2C)を別に示す。
適切な治療法はどれか。1つ選べ。

108D-2.png

a 腫瘤切除
b 抗癌剤投与
c 抗真菌薬投与
d 下顎区域切除
e 副腎皮質ステロイド軟膏塗布


解答:A

肉眼的にはフラビーガム
組織拡大像にて粘膜下に線維組織の増殖がみられフラビーガムにまちがいなさそうである。
かなり、大きなfocusにて、Aの腫瘤切除。



108D-26
39 歳の女性。下顎左側臼後部の膨隆を主訴として来院した。2か月前に気付いたという。
生検、埋伏歯抜去および開窓を行い、ある装置を装着した。
装置の写真(別冊No. 26A)、初診時のエックス線写真(別冊No. 26B)
及び手術後と装置装着時の口腔内写真(別冊No. 26C)を別に示す。
この装置を使用する目的はどれか。2つ選べ。

108D-26.png

a 疼痛の軽減
b 薬剤の留置
c 創部の圧迫止血
d 開窓部の閉鎖防止
e 腔内への食渣の侵入防止


解答:DE


108D-38 

81 歳の女性。鼻腔周囲の違和感を主訴として来院した。
1 年前から鼻閉感を感じていたが放置していたという。
初診時のエックス線写真(別冊No. 38A)とCT(別冊No. 38B)を別に示す。
疾患が存在するのはどれか。1つ選べ。

108D-38A.png 

108D-38B.png

a 前頭洞
b 篩骨洞
c 上顎洞
d 蝶形骨洞
e 海綿静脈洞

解答C

写真A;右上顎洞に液体がたまり透過度が低下している。

B;CT (左下)でもにおいても右上顎洞に貯留液体らしものあり。

症状からしても、上顎洞炎
17.jpg 
http://www.geocities.jp/study_nasubi/p/p15.html





108D-45 
8 歳の男児。口唇の乾燥を主訴として来院した。
1年前から気付いていたが、日常生活に支障がないため放置していたという。
安静時の顔貌写真(別冊No. 45)を別に示す。
誘因と考えられるのはどれか。1つ選べ。

108D-45.png

a 鼻 閉
b 咬唇癖
c 咬爪癖
d 歯ぎしり
e 上口唇過緊張

解答:D


なぜ、Dなのか よく分かりません。





関連記事
2015/12/10 17:32 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: