> 内シャントと外シャントの違い - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
内シャントと外シャントの違い


とある医学生の雑記帳 (   2014-09-26 配信)を改編
http://tsunepi.hatenablog.com/entry/2014/09/26/064236


■シャントとは何か

シャント(shunt)とは、血液が、本来通るべき血管とは別のルートを流れる状態のこと。
バイバス、近道などと同じような意味である。
一般的には動脈と静脈が直接つながることをシャントと呼ぶ。

(血液は普通、動脈→毛細血管→静脈という順に流れる。シャントをつくると毛細血管に行かずに静脈に流れる)



■透析の際、なぜシャントを作成するのか

血液透析では大量の血液を取り出す必要があるがその経路としてシャントが用いられる。
動脈と静脈を吻合することにより、穿刺しやすく大量の血液を確保することができる。


img3f1bb76dzik1zj.gif 
http://plaza.rakuten.co.jp/maruko3/diary/200808130000/


■シャントに使う血管

撓骨動脈と橈側皮静脈を用いるのが一般的。


撓骨動脈は血流は強いが穿刺しにくい

橈側皮静脈は血流はゆっくりだが穿刺しやすい

これらでシャントを作ると血流が強く、穿刺もしやすいという理想の状態になる。

なお、二週間経過すると静脈血管が大きく膨らみ透析しやすくなる。



■内シャントと外シャントの違い

内シャント:撓骨動脈と橈側皮静脈などを吻合して体内でシャントを形成するもの。

外シャント:動脈と静脈をチューブを通して体の外で繋ぐ方法
       内シャントと違い感染症のリスクが高く、現在ではほとんど用いられない


image12.gif 
http://nyou.nusutto.jp/toseki/tosekipage.htm



関連記事

スポンサーリンク

2015/12/11 06:37 腎・泌尿器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: