> 高齢者では、NOACよりもワルファリンが適している? - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
高齢者では、NOACよりもワルファリンが適していることを証明した貴重なデータ

CareNet 2015/05/20 配信

NOAC(新規経口抗凝固薬)とワルファリンに関する出血性イベントのレトロスペクティブコホート研究が2つ、
BMJ誌オンライン版2015年4月24日号に掲載された。

ここでは、調査規模の大きい米国からのNeena S. Abraham氏らの論文についてコメントする。

実臨床で、NOACがワルファリンに比べて出血性イベントが多いか否かは重要な問題である。

本論文では米国の民間保険とメディケア加入者のデータベースを基に、
ダビガトラン、リバーロキサバンの新規服用者を対象に、
消化管出血リスクについてワルファリン服用者と比較した。

その結果、傾向スコア適合モデルでの検討では、
ダビガトラン、リバーロキサバンとも消化管出血リスクはワルファリンと有意差がなかった

しかし、
両NOACの消化管出血リスクは、76歳以上では明らかに増加した。

このことはまさに、

出血リスクや腎機能障害を有することの多い高齢者では、
INRをみながら微調整が可能なワルファリンのほうが、
調整マーカーのないNOACよりも適していること

を示した貴重なデータである。

わが国でも、NOACに関する登録追跡研究結果が発表になっているが、本当に医師主導型というのであれば、
本研究のようにNOACすべてを統合して、出血性イベントに的を絞った日本人での実態調査を行うべきである。



 
70754ce1c849e67c.jpg 

http://www.3nai.jp/weblog/entry/69336.html


関連記事:

よく出るECG異常


関連記事

スポンサーリンク

2015/12/14 00:26 血液・凝固系 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: