FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
歯科国試に出そうな内科 腎臓9:医師国試の症例問題

7988192_m.jpg 
http://www.naturopathiccurrents.com/ja/articles/多発性嚢胞腎


病態だけでも把握しておきたい腎臓関係の内科問題を医師国試から集めました。
医師国試独特の腎生検組織像(PAM, PAS染色など)を含む問題を除いた。
主に、医師国家試験過去問データベース からです。


1)108I67

108i67.jpg 



2)109I77

109i77.jpg 




3)108E27

108e27.jpg 



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


1)108I67

108i67.jpg 


正解 c

theme: 糖尿病性腎症

comment:
20年前に糖尿病を指摘されたが治療は受けておらず、空腹時血糖140mg/dl、HbA1c(NGSP)7.2%と確かにコントロールが悪い。
両側の下胸部にcoarse cracklesを聴取するのは肺水腫(左心不全徴候)で、下腿に浮腫を認めるのは右心不全徴候。
両心不全となっている。
クレアチニン5.1mg/dlと腎障害が強く、そのためエリスロポエチン産生が困難になっているのであろう、Hb 8.0g/dlと貧血もみられる。
Ⅱ/Ⅵの収縮期心雑音はその代償である。
動脈血ガス分析ではHCO3-が16.5mEq/lと低下しており、代謝性アシドーシスになっている。

a 肺水腫に対して有効。
b 血圧168/96mmHgと高く、降圧に有効。
c 誤り。腎機能低下例ではスルホニル尿素薬の排泄が滞り、低血糖を惹起しやすい。ゆえに不適切である。
d エリスロポエチン不足による腎性貧血がみられており、有効。
e 代謝性アシドーシスの是正に有効。


2)109I77

109i77.jpg 


正解: a,c

theme: 溶連菌感染後急性糸球体腎炎〈PSAGN〉

comments:
扁桃炎の前駆(おそらく溶連菌感染)があり、その後潜血メインの腎障害が出現したため、
溶連菌感染後急性糸球体腎炎〈PSAGN〉を考えたい。

a 正しい。補体は低値となる。
b 免疫グロブリンは変化しない。
c 正しい。溶連菌に対する抗体である。
d 抗CCP抗体は関節リウマチで陽性となる。
e 抗リン脂質抗体は抗リン脂質抗体症候群で陽性となる。


溶連菌感染と腎炎の組み合わせ問題では、歯科国試には出るようです。
実際の症例として提示しておきました。


yourenkin.gif 
http://www.cocokarada.jp/disease/detail/K4110020/


3)108E27

108e27.jpg 



正解: b

theme: 意識清明である可能性が高い血液所見

comment:

a・d・e 血漿浸透圧が基準値を上回っても下回っても意識障害は出現する。

b 正しい。
Naが123と低値であるが、これは高血糖を是正するための代償機転である。
血漿浸透圧は正常であり、意識障害はみられない。

c 血漿浸透圧は基準値内であるも、低血糖があるため意識障害をみる。

少し難しいが、知っておいた方がいいかも?




関連記事
2015/12/27 21:05 腎臓:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: