> 歯科薬理学:105-107回歯科国試(臨床・計算問題) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯科薬理学:105-107回歯科国試(臨床・計算問題)

105-107回歯科国試:薬理関係問題のうちで、まだupしていない臨床・計算問題です。



1)106C47
70歳の女性。口角の痛みを主訴として来院した。食事中に痛みが増悪するという。
初診時の口腔内写真(別冊No. 5A)と細胞診の染色像(別冊No. 5B)とを別に示す。
有効な薬剤はどれか。1つ選べ。

106c47.png

a 5-FU
b アシクロビル
c ビタミンB2 製剤
d ミコナゾール硫酸塩
e アモキシシリン水和物


2)106C45
アセチルコリン用量-反応曲線を図に示す。
併用薬①はどれか。1つ選べ。

106c45.jpg

a アスピリン
b パパベリン塩酸塩
c ネオスチグミン臭化物
d アトロピン硫酸塩水和物
e シルデナフィルクエン酸塩

3)106C130
初回通過効果を受ける薬物を経口投与した。投与時の条件を示す。
・80% が消化管で吸収される。
・40% が肝臓で初回通過効果を受ける。
・他に減少はない。
この薬物のバイオアベイラビリティ(%)を求めよ。
ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

解答: ① ② %


4)105A130
ある薬物のED50 は150 mg/kgであった。
LD50を1,000 mg/kgとしたときの治療係数を求めよ。
ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。

解答: ① ②


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答


1)106C47

70歳の女性。口角の痛みを主訴として来院した。食事中に痛みが増悪するという。
初診時の口腔内写真(別冊No. 5A)と細胞診の染色像(別冊No. 5B)とを別に示す。
有効な薬剤はどれか。1つ選べ。

106c47.png

a 5-FU
b アシクロビル
c ビタミンB2 製剤
d ミコナゾール硫酸塩
e アモキシシリン水和物

正解 d


解説:

写真Bより写真Aの症状はカンジダ症(真菌感染症)と考えられる.
したがって,正答は「d」となる.

2)106C45
アセチルコリン用量-反応曲線を図に示す。
併用薬①はどれか。1つ選べ。

106c45.jpg

a アスピリン
b パパベリン塩酸塩
c ネオスチグミン臭化物
d アトロピン硫酸塩水和物
e シルデナフィルクエン酸塩

正解:d

解説:

用量-反応曲線が,最大反応が変化せずに右側にしているので,併用薬は拮抗薬である.
したがって,正答は「d」となる.


3)106C130
初回通過効果を受ける薬物を経口投与した。投与時の条件を示す。
・80% が消化管で吸収される。
・40% が肝臓で初回通過効果を受ける。
・他に減少はない。
この薬物のバイオアベイラビリティ(%)を求めよ。
ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。
解答: ① ② %

解説:

消化管で吸収された薬物は80%.
そのうち,肝臓での初回通過で代謝されなかった薬物60%が循環血中に入る.
BA (%) = 0.8 × 0.6 × 100 = 48


4)105A130
ある薬物のED50 は150 mg/kgであった。
LD50を1,000 mg/kgとしたときの治療係数を求めよ。
ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。
解答: ① ②

解説:

治療係数はLD50をED50で割った値で,大きいほど安全な薬と言える.
1000 ÷ 150 = 6.666
小数点以下第2位を四捨五入 ⇨ 6.7


歯科薬理学:105-107AC(一般問題)

を含め、阪大歯学部が公開した薬理学のスライド講義から抜粋した解説です。

講師:阪大 顎口腔病因病態制御学講座 (薬理学教室) 田熊 一敞 氏

その中で、105-107回歯科薬理の問題について感想を述べています。
以下のようです。


薬理学の国試対策 (感想) (第107~105回 歯科医師国家試験)

下記の事項をきちんと整理しておくこと

1. 抗菌薬の作用機序と特徴について

2. 抗炎症薬 (ステロイド & NSAIDsともに) の臨床適用と併用注意について

3. 局所麻酔薬,特にリドカインの臨床適用と特徴について

4. 高齢者の薬物動態における特徴について

5. 口腔領域に副作用を示す薬物について

6. ショック症状の身体的特徴と薬物処置による対応について

7. 主要なコリン作動薬と抗コリン薬の名称と薬理作用について

8. 主要な作動薬と拮抗薬の名称と組み合わせについて


スライド内容は以下のサイトからです。

http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~pharm/150526Rinsyoukisoshikagaku01.pdf#search='%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%92%E6%9C%8D%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E4%BD%B5%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%80%81%E5%87%BA%E8%A1%80%E5%

関連記事
2016/01/10 21:25 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: