> 腎細胞癌 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
腎細胞癌 (Renal Cell Carcinoma: RCC)


Kidneycaner.jpg 
http://www.montereybayurology.com/urocond/CanceroftheKidney.htm



最近の医師国試から、腎細胞癌に関する問題を集めました。
一部はかなり改編しました。
医師国家試験過去問データベース を元に作成。


1)109D6 改題
以下のうち腎細胞癌に関連する遺伝子はどれか。

a BCR-ABL
b EGFR
c HER2
d KRAS
e VHL



2) 103I24

103i24.jpg 



3)105I44 改題
59歳、男性。
腹部超音波検査にて右腎に長径約5cmの占拠性病変が認められた。
生化学検査では明らかな異常はない。
胸腹部CT上は右腎臓癌が疑われる以外は他に異常は認められない。
骨シンチにおいても異常はない。
対応として適切なものはどれか。

a 経過観察
b 分子標的薬投与
c 根治的右腎摘出術
d 経皮的右腎動脈塞栓術
e インターフェロンα投与
f 放射線治療
g 抗癌化学療法


4)107I78 改題
肺転移を生じた腎細胞癌の治療薬として適切なものはどれか。2つ選べ。

a 抗菌薬
b 分子標的薬
c シスプラチン
d インターフェロン
e 副腎皮質ステロイド


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答


1)109D6 改題
以下のうち腎細胞癌に関連する遺伝子はどれか。

a BCR-ABL
b EGFR
c HER2
d KRAS
e VHL

正解  e


a 慢性骨髄性白血病〈CML〉でみられる。
b 肺腺癌ではEGFR・ALK遺伝子変異を検索する。
c 乳癌や胃癌でみられる。
d 大腸癌でみられる。
e ○ 腎細胞癌でみられる。


VHL遺伝子に変異を持つVHL症候群患者の約40%において、
腎臓に淡明細胞癌が発症
することが知られている。

また、
散発性の腎淡明細胞癌においても、
8割以上の患者においてVHL遺伝子の欠損もしくは発現抑制がある 
ことが分かってきている。

VHL遺伝子の変異が起こるとVHL蛋白質が正常に機能しなくなり、
正常酸素状態下でも低酸素応答性の転写因子であるHIFαの分解が抑制され、蓄積する。

そして、血管新生促進因子や増殖因子が恒常的に産生され、
血管新生や細胞増殖が引き起こされると考えられる(下図)。

thumb_511144_rcc-2.jpg 
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/search/cancer/pharma/bk/200906/511144.html


2) 103I24

103i24.jpg 


正解 a,b

ab:正しい
×c:腎静脈からVCIに進展する。
×d:IV期では、転移巣摘出も行う。
×e:長期HD例では、腎全摘でしょう。


kidney_cancer_01_01.jpg 
http://www.kameda.com/patient/topic/kidney-cancer/index.html


renal_cell01.gif 

http://ganjoho.jp/public/cancer/renal_cell/treatment_option.html


3)105I44 改題
59歳、男性。腹部超音波検査にて右腎に長径約5cmの占拠性病変が認められた。
生化学検査では明らかな異常はない。
胸腹部CT上は右腎臓癌が疑われる以外は他に異常は認められない。
骨シンチにおいても異常はない。対応として適切なものはどれか。

a 経過観察
b 分子標的薬投与
c 根治的右腎摘出術
d 経皮的右腎動脈塞栓術
e インターフェロンα投与
f 放射線治療
g 抗癌化学療法

正解 c


肺転移を有する場合、サイトカイン療法(インターフェロンαやインターロイキン2)や分子標的薬が有効。
これについては107I78で出題あり。
腎細胞癌に対する放射線はあくまで補助的に使用される。
腎細胞癌に対して抗癌化学療法は無効。
上記の107I78のほか、
108D57でもシスプラチンが無効であることが出題されており、この事実をどうしても伝えたい出題者がいるようだ。


4)107I78 改題
肺転移を生じた腎細胞癌の治療薬として適切なものはどれか。2つ選べ。

a 抗菌薬
b 分子標的薬
c シスプラチン
d インターフェロン
e 副腎皮質ステロイド

a 細菌感染ではない。
b 正しい。ソラフェニブやスニチニブといった分子標的薬が有効である。
c シスプラチンは抗癌剤であるが、腎細胞癌には無効。
d 正しい。転移した腎細胞癌ではサイトカイン療法が有効である。
e 血液腫瘍に対して使用されることはあるも、腎細胞癌には無効。


関連記事
2016/01/15 23:27 腎・泌尿器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: