> 直接対光反射と間接対光反射との違い:104E50 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
直接対光反射と間接対光反射との違い

医師国家試験のきちんとした解説 【コウメイ塾】
http://ishikokkashiken.com/light-reflex-2/

からの転用です。

かなり、難しい。

taikou hansha3 


【104E50】

28歳の女性。自転車を運転中に乗用車と衝突。
意識は昏睡。右眼のみを開瞼すると右瞳孔径は4mmで、
同時に左眼を開眼しても右瞳孔径は変化しない。
左眼のみを開瞼すると左瞳孔径は6mmで、
同時に右眼を開眼すると左瞳孔径は4mmに変化する。

瞳孔異常の障害部位として最も考えられるのはどれか。

a.視交叉
b.左視神経
c.右後頭葉
d.左動眼神経
e.右外側膝状体



解説:MOREへ

スポンサーリンク


解説


コウメイ:まず、左眼に光を当てたらどうなるか知っていますか。

学生A:左眼が縮瞳すると思います。

コウメイ:そうです。直接対光反射ですね。このとき実は

右眼も縮瞳しているんです。これを間接対光反射といいます。

なぜ、両眼が縮瞳するか?

下の図にあるように左の視神経は左の動眼神経にも

右の動眼神経にも情報を伝えるからです。

 

Reflex.gif

 

視神経は二股に分かれる

図を見て分かるように視神経は二股に分かれます。ここ大事です。

このうちどちからひとつだけでも無事なら対光反射は起こります。

対光反射が異常であった場合、どちらの経路も傷害されていること

を意味します。

 

左眼のみを開瞼すると左瞳孔径は6mm

これは左目の左眼の直接対光反射が異常であることを意味します。

左眼の直接対光反射が異常になるにはどこが傷害されている必要が

あるでしょうか。

 

直接対光反射異常

 二股の両方の経路が傷害されている必要があるので

  • 左視神経(ピンク)
  • 視交叉全体(赤)
  • 両側中脳(茶)
  • 左EW核、もしくは直前(黄)
  • 左動眼神経(緑)

が傷害されている可能性があります。このなかの

どれが悪いか絞り込んでいきましょう。

 

右眼のみを開瞼すると右瞳孔径は4mm

右眼の直接対光反射は正常であることを意味します。

これは視交叉全体、両側中脳の傷害ではないことを意味します。

 
すると残りは

  • 左視神経(ピンク)
  • 左EW核もしくはその直前(黄)
  • 左動眼神経(緑)

となります。

 

右眼を開眼すると左瞳孔径は4mmに変化する

左眼の間接対光反射は正常です。これは左EW核もしくは

その直前(黄)、左動眼神経(緑)は傷害されていないことを意味します。

 
というわけで左視神経が残りましたた。これが答えです。

なかなか難しいですが慣れるまでは上の図を参考に地道に

考えるしかありません。

こちらもあわせて読むと勉強になります。

視神経管骨折と対光反射


関連記事
2016/01/22 22:49 脳・神経 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: