> 脳神経1(医師国試) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
脳神経1(医師国試)

1201_Overview_of_Nervous_System.jpg 
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:1201_Overview_of_Nervous_System.jpg


最近の医師国試から神経学関係の基本的問題を集めてみました。

医師国家試験過去問データベース
 から引用改編


機能、解剖

1)109B9

109b9.jpg 




2)103B15

103b15.jpg 




3)106F6


106f6.jpg 


4)106G18

106g18.jpg 



5)108B60

108b60.jpg


108bg8.jpg 



6)105G69

105g69.jpg 


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答

1)109B9


109b9.jpg 

正解 d

theme: 蝶形骨・脳神経の通る孔

comments:
眼窩を構成する骨(→105E39, 101B27)が大きなヒントになる。

a 篩骨にある。
b 側頭骨にある。
c 側頭骨と後頭骨にある。
d 正しい。上眼窩裂は蝶形骨にある。
e 後頭骨にある。

20160108124108.png 
http://kenkoshido.hatenablog.com/



2)103B15

103b15.jpg 


正解 d,e

theme: 頭蓋骨の穴と脳神経

20151122234132.jpg 

頭蓋外への通路のゴロ合わせ

参照



3)106F6


106f6.jpg 

正解 c

theme: 脳神経


4)106G18

106g18.jpg 

正解 b

theme: テント切痕ヘルニア・脳神経

comments:

テント切痕は大脳と中脳の間を区切る形をとっている。
ゆえにこの部分のヘルニアでは中脳から出る脳神経が障害されやすい。

a 視神経は脳幹より上のレベルから出る。
b 正しい。中脳からは動眼神経と滑車神経が出るが、
  テント切痕ヘルニアでは特に動眼神経麻痺が有名である。
c・d 三叉神経・外転神経は橋から出る。
e 副神経は延髄から出る。

cerebral26.jpg 

テント切痕ヘルニア①外側ヘルニア(鉤回)
 ②正中ヘルニア(脳幹)中心性
大孔ヘルニア③(小脳扁桃)
大脳鎌ヘルニア(帯状回)
蝶形骨縁ヘルニア(前頭葉下面)



【脳ヘルニアの分類】

名称

嵌入する組織

嵌入により影響

を受ける組織

症状

テント切痕ヘルニア
(鉤ヘルニア)

側頭葉内側
(鉤、海馬)

間脳(中脳)

言語障害
片麻痺
除脳硬直

 

 

動眼神経(

動眼神経麻痺
(瞳孔不同)

 

 

後大脳動脈

同名性半盲

上行性テント切痕ヘルニア

小脳前部

脳幹(中脳)
動眼神経

同上

大孔ヘルニア
(小脳扁桃ヘルニア)

小脳扁桃

延髄、後下小脳動脈

延髄症状(呼吸障害)
項部硬直

正中(中心性)ヘルニア

中脳

脳幹(中脳)

意識障害
除脳硬直
呼吸障害
縮瞳(進行すれば散瞳)

蝶形骨縁ヘルニア

前頭葉後下部

側頭葉

特有症状なし

側頭葉前部

前頭葉および中大脳動脈

時に視交叉部症候

大脳鎌ヘルニア
(帯状回ヘルニア)

帯状回
脳梁
前頭葉正中下面

帯状回
脳梁
前大脳動脈

特有症状なし

 

http://www9.plala.or.jp/sophie_f/disease/cerebral35.html



5)108B60

108b60.jpg


108bg8.jpg 

正解 d

theme: 神経伝導検査

comment:
a dで示すように、正常とはいえない。
b M波はピークのこと。4ヵ所の刺激点すべてで出現している。
c 時間的分散があればM波はいくつかの峰に分かれるはず。
d 正しい。M波の振幅は刺激部位が近位であるほど低下している。これを伝導ブロックと呼んでいる。
e 伝導速度はいずれの部位でも与えてある基準値(45m/秒)を上回っている。


6)105G69

105g69.jpg 


正解 e

theme: 統合失調症治療薬

comments:
統合失調症治療薬とは抗精神病薬のことを指す。
選択肢はすべて的外れ、というわけではなく、一部実際にみられるものも混じっており、
あくまで頻度の高いものを選ばねばならない。

a 制吐作用をもつ薬が多い。

b オランザピンやクロザピンなど一部の抗精神病薬では無顆粒球症をきたすことがある。
 本問では「最も出現頻度が高い」とあるため、正答をeにゆずる。

c eにあるように錐体外路症状が出現することがあり、その場合は筋固縮をみる。

d 抗ドパミン作用により高プロラクチン血症をきたすことがある。
  その場合に女性化乳房がみられるも、本問では「最も出現頻度が高い」とあるため、正答をeにゆずる。

e 正しい。抗ドパミン作用により錐体外路症状をみる頻度が最も高い。

f 食欲増加による体重増加をみることが多い。

g 抗ドパミン薬であるクロルプロマジンには白内障の副作用がある。
  本問では「最も出現頻度が高い」とあるため、正答をeにゆずる。

h 抗精神病薬の中断などで悪性症候群を生じることがある。
  その場合に高熱がみられるも、本問では「最も出現頻度が高い」とあるため、正答をeにゆずる。

i クロルプロマジンには再生不良性貧血や溶血性貧血の副作用がある。
 本問では「最も出現頻度が高い」とあるため、正答をeにゆずる。

j ハロペリドールやクロルプロマジン、塩酸チオリダジン(現在は販売中止)などは薬剤性QT延長症候群をきたしうる。
 本問では「最も出現頻度が高い」とあるため、正答をeにゆずる。


関連記事
2016/01/22 22:33 脳・神経 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: