FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
スポーツによるknee injury:110A5ほか


 918_Knee_Injury.jpg
https://en.wikipedia.org/wiki/Knee


医師国家試験過去問データベース から)

1)110医A5

110A-5.png 


2)新作
unhappy triadとは何か。3つ選べ。

a ACL損傷
b PCL損傷
c LCL損傷
d MCL損傷
e 内側半月板損傷
f  外側半月板損傷



3)新作
ACL+MCL合併損傷で認める所見は次のうちどれか。3つ選べ。

a 前方引き出しテスト陽性である。
b sagging陽性である。
c MRIにて大腿外側顆部に骨挫傷(bone bruise)を認める。
d MRIにて大腿内側顆部に骨挫傷(bone bruise)を認める。
e 内反ストレス試験にて動揺性を認める。
f  外反ストレス試験にて動揺性を認める。


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答


1)110医A5

110A5# 

 
正解 d であろう。

a 脛骨骨挫傷 bone bruise:下図のように、MRI上の骨に輝度変化を示す。

f0089211_905844.jpg 

b patella tendonは図B菱型で見られるように正常。

c PCLは図Bで認められるようにintact

d ACLは図Aの如く不連続性であり、ACL損傷が疑われる。
  正確には関節鏡で確かめるべきである。

e Osgood-Schlatter病
成長期の子供に、patella tendonにストレスがかかって生じる脛骨結節部に生じる骨端症の一つ。
本例とは年齢的は合わない。

yjimageLRZ03L20.jpg 
遠隔診断 から


000002_text.jpg 
Osgood-Schlatter病のMRI
http://www.eurorad.org/eurorad/case.php?id=12408


2)新作
unhappy triadとは何か。3つ選べ。

a ACL損傷
b PCL損傷
c LCL損傷
d MCL損傷
e 内側半月板損傷
f  外側半月板損傷

正解 ade

unhappy triadとは、
ACL損傷+MCL損傷+MM(内側半月板)損傷のこと。
予後が悪いと言われてきたが、近年は関節鏡手術の発達により、
必ずしも予後不良とはいえないかも。

Unhappy-Triad.jpg
http://www.epainassist.com/sports-injuries/knee-injuries/unhappy-triad-or-blown-knee-or-terrible-triad



3)新作
ACL+MCL合併損傷で認める所見は次のうちどれか。3つ選べ。

○a 前方引き出しテスト陽性である。
×b sagging陽性である。
○c MRIにて大腿外側顆部に骨挫傷(bone bruise)を認める。
×d MRIにて大腿内側顆部に骨挫傷(bone bruise)を認める。
×e 内反ストレス試験にて動揺性を認める。
○f  外反ストレス試験にて動揺性を認める。

正解 acf

下図のように、
ACL injuryでは前方引き出しで陽性
PCL injuryでは後方引き出し陽性



1003-03.gif 
http://www.hachiouji-seikei.com/search/1003.html

sagggingとは膝を立てた時に、tibiaが後方に沈むサイン;PCL損傷を意味する。

sagging.jpg 
http://emedicine.medscape.com/article/90514-clinical


MCL損傷では、内側が緩んで大腿骨外側と脛骨外側がぶつかって、
下図のように、大腿外顆にbone bruiseを認める。

screen-shot-2013-06-29-at-10-58-28-pm.png 
https://anneccpa.wordpress.com/2013/07/14/ortho-case-study-25m-with-knee-pain/

内反 varus stress test: LCL損傷で+
外反 valgus stress test: MCL損傷で+

untitled1335055844971.png 

http://www.usmleforum.com/files/forum/2014/1/774891.php



関連記事
2016/02/09 00:43 整形外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: