> 小児科一般問題 2 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
   一般総論:小児科2


医師国家試験過去問データベース 
小児科50問(前半)より引用
赤字:歯科国試でも出題可能性あり



peds_feature10.jpg

http://pediatrics.med.sc.edu/


小-11 (109G15)

109g15.jpg 



小-12 (109G31)

109g31.jpg



小-13 (108B11)

108b11.jpg 




小-14 (108B17)

108b17.jpg 



小-15 (108B36)

108b36.jpg


小-16 (108E6)

108e6.jpg 



小-17 (108E11)

108e11.jpg 




小-18 (108E16)

108e16.jpg 


小-19 (108E26)

108e26.jpg 



小-20 (108G11)

108g11.jpg 


解答: MOREへ

スポンサーリンク


解答


小-11 (109G15)

109g15.jpg 


正解 c


theme: 臍帯脱落

comments:
a~e 生後7日が標準的な臍帯脱落時期である。ゆえにcが正しい。


小-12 (109G31)

109g31.jpg


正解 a,b


theme: 2歳児の正常発達

comments:
a 正しい。2歳で2語文を言う。
b 正しい。1歳半から小走りがみられる。
c~e これらは3歳児からみられる。


小-13 (108B11)

108b11.jpg 



正解 a


theme: 授乳婦・新生児の栄養

comment:
a 正しい。成乳の熱量は初乳より高い。
b 新生児の哺乳回数は1日8回程度。
c 葉酸摂取推奨量は妊婦より授乳婦の方が少ない。
d 母乳のビタミンK含有量は人工乳より少ない。ゆえにビタミンK経口シロップを内服させることとなる。
e 授乳婦の推定エネルギー必要量には付加量を加える。


小-14 (108B17)

108b17.jpg 

正解 c

theme: PIVKA-Ⅱを測定すべき症候

comment:
PIVKA-IIはビタミンK欠乏と肝細胞癌で高値となる。

a 下「血」なら考慮すべき。
b 先天性胆道閉鎖症や新生児肝炎では黄疸を見、かつビタミンKの吸収不全が起こるが、
生後1週以内に症状が出現する可能性は低い。
c 正しい。ビタミンK欠乏による消化管出血(新生児メレナ)の可能性を考える。
d・e 特にPIVKA-IIとは関係ない。


小-15 (108B36)

108b36.jpg

正解 a,d

theme: 乳児期のけいれん

comment:
けいれんのきたす主な電解質変化は、ナトリウムの高低とカルシウム・マグネシウムの低下である。

a 正しい。低血糖では、けいれんや意識障害など多彩な症状がみられる。
b 高尿酸血症でけいれんの出現はまれ。
c カリウムの高低はけいれんの原因とならない。
d 正しい。カルシウムの低下はけいれんの原因となる。
e 低マグネシウム血症はけいれんの原因となる。
※103G6にて乳児期に限定していない出題あり。


小-16 (108E6)

108e6.jpg 

正解 a


theme: 新生児マススクリーニング

comment:
a 誤り。胆道閉鎖症は新生児マススクリーニングの対象ではない。
b~e これらにメープルシロップ尿症とホモシスチン尿症を加えた6疾患が新生児マススクリーニングの対象となる。



新生児マススクリーニング対象疾患

130731114527_0.png 
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1138842478918/index.html



小-17 (108E11)

108e11.jpg 



正解 d

theme: 新生児の体液生理

comment:
a 尿濃縮力が成人と同程度になるのは2歳~。
b 細胞外液量が細胞内液量より多い。
c 尿細管のNa再吸収能は成人と同程度とされる。
d 正しい。体重当たりの不感蒸泄量が成人より多い。そのため脱水や低体温になりやすい。
e 出生後の生理的体重減少は10%まで。


小-18 (108E16)

108e16.jpg 

正解 e


theme: 新生児の診察

comment:
a 先天性心疾患の有無を判別すべく聴取する。
b APGAR scoreの項目にも含まれる。神経疾患等の有無を判別すべく確認する。
c 大泉門の膨隆(頭蓋内圧亢進を示唆)や陥凹(脱水を示唆)の確認も行う。
d Moro反射の左右差(片麻痺を示唆)を確認する。
e 誤り。膝蓋腱反射などの脊髄反射ははっきりしないことも多く、生後1日で行う必要はない。


小-19 (108E26)

108e26.jpg 

正解 c

theme: Lyon現象

comment:
Lyon現象:X染色体が2本ある場合、一方が不活化する現象。
男性の場合、X染色体は1本しかないため、原因染色体であれば必ず発症するが、
女性ではランダムに片方のみ発症するため、mosaicを呈する。
以上を理解できていれば、正解はcのX染色体優性遺伝〈XD〉であることが分かる。
なお、本問で言及されている母斑症とは色素失調症〈Bloch-Sulzberger症候群〉のことである。

a・b 男女差がない。
c 正しい。上記の通り。
d 女児では原則として発症しない。また、男児も致死的とはならない。
e X染色体と関係ない。


補足

色素失調症のことを言っているのでしょう。
cが正解ですが、この問題と猫に何の関係が?
というと「Lyon現象」。
猫の毛の色はこのLyon現象が関わっているのです!

Lyon現象とはX染色体が2本ある個体
(平たく言えば女性)において
片方の染色体が不活化される現象のことです。

三毛猫のオスは極めて稀であるという事実は比較的有名かと思いますが、
猫の毛色は常染色体上にある白にする遺伝子と、X染色体上にある茶(O遺伝子、優性)
or黒(o遺伝子、劣性)にする遺伝子によって決まります。

オス猫の場合、X染色体が1本しかなく、全ての細胞にあるX染色体は同じX染色体ですから、
茶色なら茶色、黒なら黒。
常染色体上にある白にする遺伝子を含めても最大2色です。

しかしメス猫の場合、X染色体が2本ありますから、
茶にする遺伝子と黒にする遺伝子のヘテロ接合体(Oo)というケースがあり得ます。

Lyon現象は細胞ごとにランダムに不活化が起こるため、
茶色遺伝子のある方が不活化された部分は黒、
黒遺伝子のある方が不活化された部分は茶色、
そして常染色体上にある白にする遺伝子があれば3色。
晴れて三毛猫になるということですね。

オス猫の場合、クラインフェルター症候群であれば
2本のX染色体を持つため同様の現象が起こり得ます。
なのでオスの三毛猫はいないわけじゃないけど
極めて稀であるということですね!!

遺伝学は低学年で習うのでつい忘れてしまいがちですが、
かなり最近の国試でもLyon現象なんていう言葉が
出てきているので注意したいですね。

http://www.icrip.jp/heyaykokushi/2015/11/15/cat/


小-20 (108G11)

108g11.jpg 

正解 e

theme: 新生児・乳児の反射

comment:
a・b Moro反射・吸啜反射は生下時からみられ、4か月ころ消失する。
c Babinski反射は生下時からみられ、2歳ごろ消失する。
d 把握反射の消失は足よりも手の方が早い。
e 正しい。パラシュート反射は生後9か月前後に出現する。


関連記事
2016/02/16 17:31 小児・発達 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: