> 小児科一般問題 6 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
 一般総論:小児科 6


home_header_pediatrics.jpg 
https://elpaso.ttuhsc.edu/fostersom/Pediatrics/

 
医師国家試験過去問データベース 
小児科50問(後半)より引用
赤字:歯科国試でも出題可能性あり


小-36 (106B61)

106b61.jpg 



小-37 (106E1)

106e1.jpg



小-38 (106E9)

106e9.jpg 


106eg1.jpg 



小-39 (106E26)

106e26.jpg 



小-40 (106E28)

106e28.jpg 


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答

小-36 (106B61)

106b61.jpg 

正解 d

theme: 乳幼児の身体診察

comments:
頭頸部の診察は一般に嫌がる乳幼児が多いため、最後に回す。
胸部と腹部とを比べると、腹部診察を嫌がる児が多いが、これは母親に抱かれたままでも診察できる胸部と違い、
腹部はベッドに横になった状況で深くまで探る必要があることが理由と思われる
(乳幼児の気持ちにならないと分からないため、真の理由を明言することはできないが)。

a~e 以上より、胸部 → 腹部 → 頭頸部の順に身体診察を行うのがスマート
dが正しい。


小-37 (106E1)

106e1.jpg


正解 e


theme: 生理的黄疸

comments:
a・d 生理的黄疸は生後2日~2週に発生する。8日以上存在していても問題ない。
b 母乳中のプレグナンジオールという成分が母乳黄疸の原因となる。人工乳は黄疸の原因とならない。
c・e 新生児の生理的黄疸は肝でのグルクロン酸抱合未熟と、HbF→HbAへのクラススイッチによる溶血が原因である。
ゆえに間接型ビリルビン優位となる。また、eは正しい。


小-38 (106E9)

106e9.jpg 


106eg1.jpg 

正解 d

theme: 新生児マススクリーニング

comments:
新生児マススクリーニングに用いる血液乾燥濾紙が提示されている。

a 溶血所見やCoombsテストにて診断する。

b 頭部CTなど画像検査にて診断する。

c PT, APTT, PIVKA-IIなどの測定で診断する。

d 正しい。
このほか、フェニルケトン尿症・メープルシロップ尿症・ガラクトース血症・クレチン症・
先天性副腎過形成をスクリーニングできる。
近年、タンデムマス法の導入によりさらに多くの疾患がスクリーニングできるようになった。

e 骨髄生検やPAIgG(抗血小板抗体)の検出にて診断する。


小-39 (106E26)

106e26.jpg 

正解 a


theme: 保因者頻度

comments:
この疾患の保因者頻度をX人に1人とする。
すると「集団が均質である」という設定のため、父も母も保因者である確率は1/Xとなる。
両親がともに保因者である際、常染色体劣性遺伝性疾患が子供に発症する確率は1/4である。
以上より、児に発症する確率は1/X・1/X・1/4(みやすさのため、掛け算記号を「・」で示した)。
ゆえに、1/X・1/X・1/4=1/40000という方程式が作れ、これを解くとX=100となる。

以上より、aが正しい。


小-40 (106E28)

106e28.jpg 

正解 a

theme: 新生児の成熟度

comments:
従来の出題(100G57など)の暗記では難しかった問題。
Dubowitz法(新生児の成熟度を評価するスコアリングシステム)の項目について問われている。

a 誤り。大泉門は生後1歳半に閉鎖する。新生児の成熟度とは関係ない。
b 耳介は硬いほど成熟を意味する。
c 背部のうぶ毛は少ないほど成熟を意味する。
d 男児では両側精巣下降のしていることが、女児では陰唇の発育が、それぞれ成熟を意味する。
e 足底のしわは多いほど成熟を意味する。

Dubowitz評価

1.特定の専門知識がないスタッフでも容易に行え、単純で、客観的なシステムである。
2.満期産児と同様に早産児にも適用できる。
3.記録を含めて10-15分で効率よく行える、といった利点があります。

具体的な評価項目をみていくと・・・
評価は全34項目からなり、

①Tone(10項目)
②Tone patterns(5項目)
③Reflexes(6項目)
④Movements(3項目)
⑤Abnormal signs(3項目)
⑥Behavior(7項目)の6つのカテゴリで構成されています。

http://child-development.seesaa.net/article/430260035.html
関連記事
2016/02/17 23:54 小児・発達 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: