スポンサーリンク 咀嚼筋について - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
NBDE Q&A part 1: Biochemistry & Physiology から、咀嚼筋に関する問題。

yjimageT6WLH9Q4.jpg
https://gohongi-katakori.com/歯軋りと肩こり


Q172

Which of the following muscles contains the food bolus in proximity of the teeth for optional mastication?

以下のどの筋肉が随意咀嚼運動で食塊を咬合面にとどめておく作用のものはどれか?

A. Medial pterygoid 内側翼突筋
B. Masseter 咬筋
C. Buccinator 頬筋
D. Lateral pterygoid 外側翼突筋


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答

Which of the following muscles contains the food bolus in proximity of the teeth for optional mastication?

以下のどの筋肉が随意咀嚼運動で食塊を咬合面にとどめておく作用のものはどれか?

A. Medial pterygoid 内側翼突筋
B. Masseter 咬筋
C. Buccinator 頬筋
D. Lateral pterygoid 外側翼突筋


正解 C

Buccinator 頬筋は顔面神経支配で、咀嚼筋の付加的役割を持つ。
咀嚼中に頬粘膜を緊張させて頬壁を歯列に押しつけることにより、
口腔前庭の食塊を咬合面に戻す働きをするため、
別名トランペット筋ともいわれる。
(一部、Oral Studioから引用)

ABDは下顎運動を調整する咀嚼筋である。

頬筋;Oral Studioから

【概要】
表情筋のなかでは最も深層で頬粘膜を裏打ちするような位置にある。

【詳細】
上下顎臼歯部の歯槽隆起、下顎骨の頬筋稜および翼突下顎縫線から起始し、
前方へ走って口角に集まり、上下の筋束が交差するようにして口輪筋の中に合流していく。
表情筋の一つに分類されるが咀嚼時に重要な役割をはたす筋である。
咀嚼中に頬粘膜を緊張させて頬壁を歯列に押しつけることにより、
口腔前庭の食塊を咬合面に戻す働きをするため、別名トランペット筋ともいわれる。
口唇と頬の筋は、口唇を取り巻く様に存在する口輪筋を中心とし、
他の筋が周囲に向かって放射状に伸び、口唇と頬の運動に関係する。


Buccinator.jpg

https://en.wikipedia.org/wiki/Buccinator_muscle


関連記事
2016/03/31 17:31 生理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: