> 35 歳の男性:発熱と呼吸困難(内科専門医試験) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
先日、内科専門医を目指す若い先生と共に、
ある呼吸器の問題をみていました。
その中で、以下の問題に類似するものをあるブログから見つけたのでupしました。

http://utudoctor.seesaa.net/article/398063019.html から
解答も本ブログから転用してます。


認定内科試験過去問 第29回39番

35 歳の男性.3 日前からの発熱と呼吸困難とを主訴に受診した。
4 週前から労作時の息切れを自覚し,徐々に増悪し,荷物を持つだけで息切れを自覚するようになった。
現症:意識は清明。体温 38.8℃、脈拍 116/分,整、血圧 106/60 mmHg。
呼吸数 42/分.SpO2(room air)89%。胸部聴診でラ音を聴取しない。
心音に異常はない。下腿に浮腫はない。
口腔内の写真【図No.13】、胸部X線写真【図No.14】を示す。

肺病変の診断確定に最も有用な検査はどれか。1 つ選べ。
(a) 胸部CT
(b) 血液培養
(c) 気管支肺胞洗浄
(d) 血漿β-D-グルカン測定
(e) 血清プロカルシトニン測定

E58FA3E88594E381A8E383ACE383B3E38388E382B2E383B3.jpg


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


正解  (c) 気管支肺胞洗浄


難易度としてはそう難しくないですが知らないと解けない・・・って感じでもないんですが、
まず症例として若い男性の発熱+呼吸困難、息切れでまずは呼吸器感染(気管支炎とか肺炎)を考えますね。
意識清明なのはいいとしてもレート速いし呼吸数半端ない。
生来健康でルームでSPO2が90切ってますからこれは緊急疾患です。

そこで画像見ていきますと・・・
なんで口腔写真からやねん!
咽頭喉頭の白苔にしては広範すぎですね。
溶連菌などではなく口腔内のカンジダ?と思いたいです。
口腔や食道カンジダと言えば・・・・そう免疫不全、コンプロマイズドホスト・・じゃHIVでは?と

そう考えるとHIV陽性かもしれない感じで肺に病変きたら・・・まぁカリニ(死語)ですよね
ニューモシスチス肺炎を想起させる問題ですね

というわけで診断はBALでグルコット染色!で、
答えはCの気管支肺胞洗浄で正解でいいと思います。


Jiroveci.jpg

肺胞洗浄液のグロコット染色

マクロファージに貪食されたP. Jirovecii(=P. carinii)
Grocott染色で黒く染まる円形, カップ状cup-shaped, あるいは三日月型の菌体を認める。
http://www.ft-patho.net/index.php?Pneumocystis%20Jirovecii 参照


イヤーノートチェックしてみました


・ニューモシスチス肺炎(Pneumocystis pneumonia たまに略語でPCP)

以前はカリニ肺炎と言われていたが今はイロヴェチ(Pneumocystis jirovecii)
いまは原虫ではなく真菌の一種とされている。

・発熱、乾性咳嗽、呼吸困難が三大症状

・胸部の理学所見にとぼしい(今回の症例もラ音がない!)

・病初期より低酸素血症が目立つ

・サイトメガロウイルスや真菌、抗酸菌の混合感染もある

・気胸を合併することもある

画像所見)
・胸部レントゲン:両側のびまん性のスリガラス~斑状陰影
・胸部CT:スリガラス状陰影(GGO)

診断)
(低酸素多少ヒドくても頑張って採取してもらう!)
TBLBかBAL:Grocott染色でcystが黒く染まる
DiffQuik染色:ディフクイック染色で紫に栄養体が染まるのもそろそろ常識かな

嚢胞壁がβDグルカンを持ってるので当然上がる

治療)
ST合剤(バクタ)なんですが
もう一歩すすんで著明な低酸素(PaO2<70)のときはステロイド!!
使用するということを忘れないでください


関連記事
2016/04/07 20:18 呼吸器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: