> 歯科国試にも出そうな免疫関係の医師国試問題3:免疫グロブリン - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
免疫特集3:免疫グロブリン


fig08.gif
http://www.dentalcare.com/en-US/dental-education/continuing-education/ce1/ce1.aspx?ModuleName=coursecontent&PartID=2&SectionID=2


医師国家試験過去問データベース から



5)108医E32

108e32.jpg



6)105医B21

105b21.jpg



7)106医B30

106b30.jpg


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答

5)108医E32

108e32.jpg


正解 a,d,e(正答3つと発表)

theme: 免疫グロブリンのサブクラス

comment:
a・e 正しい。IgA(A1, A2)、IgM(M1, M2)には2つのサブクラスがある。

b・c IgD、IgEにはサブクラスが存在しない。

d 正しい。IgGには4つのサブクラス(G1, G2, G3, G4)がある。

※X2問題としての出題であったが、正答は3つある旨が公表された。


6)105医B21

105b21.jpg


正解 a

theme: 免疫グロブリン

comments:
a 正しい。IgAは2量体を形成する。

b~d これらは単量体として存在する。

e IgMは5量体を形成する。


7)106医B30

106b30.jpg

正解 e

theme: 初感染の早期に産生され、感染防御に有効な免疫グロブリン

comments:
a IgAは粘膜免疫に関与する。

b IgDの意義については不明な点が多い。単独欠損では易感染性を認めない。

c IgEはⅠ型アレルギーに関与する。

d IgGは最も量の多い免疫グロブリンであり、各種免疫反応に関与する。

e 正しい。
  IgMは感染初期に産生され、感染防御に役立つ。


各免疫グロブリン (Wikipedia)

IgG免疫グロブリンG(IgG):
ヒト免疫グロブリンの70-75%を占め、血漿中に最も多い単量体の抗体である。
軽鎖2本と重鎖2本の4本鎖構造をもつ。
IgG1、IgG2、IgG4は分子量は約146,000であるが、IgG3はFab領域とFc領域をつなぐヒンジ部が長く、分子量も170,000と大きい。
IgG1はIgGの65%程度、IgG2は25%程度、IgG3は7%程度、IgG4は3%程度を占める。
血管内外に平均して分布する。

IgM免疫グロブリンM(IgM):
ヒト免疫グロブリンの約10%を占める、基本の4本鎖構造が5つ結合した五量体の抗体である。
分子量は970,000。
通常血中のみに存在し、感染微生物に対して最初に産生され、初期免疫を司る免疫グロブリンである。

IgA免疫グロブリンA(IgA):
ヒト免疫グロブリンの10-15%を占める。
分子量は160,000。
分泌型IgAは2つのIgAが結合した二量体の抗体になっている。
IgA1は血清、鼻汁、唾液、母乳中に存在し、腸液にはIgA2が多く存在する。

IgD免疫グロブリンD(IgD):
ヒト免疫グロブリンの1%以下の単量体の抗体である。
B細胞表面に存在し、抗体産生の誘導に関与する。

IgE免疫グロブリンE(IgE):
ヒト免疫グロブリンの0.001%以下と極微量しか存在しない単量体の抗体である。
寄生虫に対する免疫反応に関与していると考えられるが、寄生虫の稀な先進国においては、
特に気管支喘息やアレルギーに大きく関与している。


400px-Mono-und-Polymere_svg.png


関連記事
2016/04/11 22:18 免疫:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: