> ポイント10 選 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
ポイント10 選

ロムニー配信13号から転用改編


1 平均寿命と健康寿命

男性
平均寿命:80歳
(健康寿命:71歳)

女性
平均寿命:86歳
(健康寿命:74歳)

★平均寿命と健康寿命の間は、男性(約9 年)より、女性(約13 年)のほうが大きい。


2 巨舌を伴うもの
・Down 症候群
・EMG 症候群
・クレチン病(甲状腺機能低下症)


3 代生歯と加生歯

乳歯が脱落した後に萌出する永久歯を代生歯(名前の通り、乳歯に代わる歯)と呼ぶ。
➡上下顎の中切歯,側切歯,犬歯,第一小臼歯,第二小臼歯
先行乳歯がない歯を加生歯(名前の通り新たに加わる歯)と呼ぶ。
➡上下顎の第1,2,3 大臼歯


4 デジタルX 線

CCD/CMOS とIP の違い

CCD/CMOS の利点
・撮影終了後、直接画像化できる
・空間分解能優れる

img_02.gif 
https://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdv/support/info/technical_01.html

IP の利点

・撮れる範囲が広い
・違和感が少ない
・ケーブルがない

それぞれの利点を反対にしたものが、欠点になります。
したがって、
CCD/CMOS では
「撮れる範囲が少ない」
「違和感がある(フィルムは小さいが厚みがあるため)」
「ケーブルがあるため、撮影がすこし難しい」

★IP はポリエステルの支持板に輝尽性系抗体が塗布されており、
 レーザースキャナーで読み込む必要がある。

★CCD のことを固体半導体方式と呼ぶ。


5 焦点 ― 被写体 ― フィルム

焦点 ― 被写体 の距離が長いと、拡大率↓、半影↓、鮮鋭度↑
被写体 ― フィルム の距離が長いと、拡大率↑、半影↑、鮮鋭度↓
★ちなみに、散乱線に関しては・・・
被写体 - フィルム の距離が長いと、散乱線↓
★その他、散乱線を減らすには『グリッドの使用』『照射野を小さくする』などがある。


6 接線効果

歯槽硬線や歯根膜腔が明瞭にみえるのは接線効果による!



7 X 線で「周囲に透過帯」がみられるもの

・腐骨
・残根
・歯牙腫
・歯根肥大
・セメント芽細胞腫
・根尖性骨性異形成症
など

★骨隆起や骨腫、骨硬化症では見られない!


8 フェールセーフ、フォールトトレランス、フールプルーフ
・フェールセーフ(Fail safe)
:誤操作による障害が発生しても、安全(大丈夫)な設計。

・フォールトトレランス(Fault tolerant)
:障害が発生しても機能を継続させる(機能が縮小しない)設計。

・フールプルーフ(Fool proof)
:ユーザーがどんな操作をしても大丈夫(そもそも障害が起こらない)な設計。

★フーリッシュのフールなので、愚か者が使っても大丈夫なのがフールプルーフ。



9 X 線所見にて「玉ねぎの皮状」の骨膜反応をみるもの
・骨折
・慢性骨髄炎
・Garre 骨髄炎
(骨肉腫は旭日像の骨膜反応所見)


10 MRI で無信号のもの

そもそも、MRI にはT1,T2 強調像の2つがある。
MRI はプロトン(水)からの信号を画像化する!脂肪や水にはプロトンが大量にある。

T1 は「脂肪」
T2 は「水」
が強調される(白くうつる=高信号となる)

したがって、水晶体や脊髄液では「T1 は低信号」だが、「T2 では高信号」となる。

なお、脂肪はT1 もT2 も共に高信号になる!(重要)
➡なぜ?水じゃないの? もちろん、水が強調される。
専門的なことは省くが、MT 効果という
のがあり、脂肪もT2 で強調されてしまう。
そのため、敢えて「脂肪抑制」をしてT2 を見ることがある。

★筋肉、神経、円板などはT1,T2 ともに低信号
さて、本題の「無信号」のものは、「皮質骨、歯、空気」を覚えておこう。
これらはT1,T2 ともに無信号(黒色)となる➡プロトン(H)が含まれないため。

関連記事

スポンサーリンク

2016/07/01 09:38 歯科国試全般 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: