> 真正三叉神経痛 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
真正三叉神経痛 Trigeminal Neuralgia


Trigeminal-Neuralgia.jpg 
http://www.vfchiro.com/trigeminal-neuralgia/


新作

真正三叉神経痛について正しいのはどれか。すべて選べ。

a 間欠的な電撃痛である。
b 睡眠中は生じない。
c 歯磨きや、洗顔で誘発される。
d 両側性に生じる。
e プレガバリンが有効である。

解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答

真正三叉神経痛について正しいのはどれか。すべて選べ。

a 間欠的な電撃痛である。
b 睡眠中は生じない。
c 歯磨きや、洗顔で誘発される。
d 両側性に生じる。
e プレガバリンが有効である。

正解 abce

真性三叉神経痛 (Oral Studio)

《症状および特徴》
発作性の激痛を伴う。
三叉神経第 II 、 III 枝に好発し、片側性で正中を越えない。
Patrickの発痛帯への刺激で誘発される。
 主な刺激源は会話、咀嚼、洗顔など で、睡眠中には誘発されない
・Valleixの圧痛点(眼窩上孔、眼窩下孔、オトガイ孔)を刺激することで、どの神経枝に異常があるかを判断。
・感覚障害はなし。

《治療方法》
・カルバマゼピン、フェニトインナトリウム(抗痙攣薬)、
 プレガバリン(商品名 リリカ)、ガバペンチン(商品名 ガバペン)の投与
・三叉神経ブロック



参考記事:

歯科麻酔ポイント4:三叉神経麻痺と顔面神経麻痺のポイント




ガバペンチンは神経痛の治療薬に用いられることもある

 ガバペンチン(商品名:ガバペン)の作用機序

神経細胞が興奮するためには、刺激が起こらなければなりません。
この刺激に関わるものとしてイオンが知られています。
イオンには、興奮性のイオンとしてNa+やCa2+、抑制性のイオンとしてCl-が知られています。

通常、細胞内はマイナスの電荷へ傾いています。
ここにプラスの電荷を帯びたNa+が外から入ってくると、細胞内は「マイナスからプラス」へと転換します。
これが合図となって神経興奮が伝わっていきます。
これが、Na+やCa2+が興奮性のシグナルと言われている理由です。

一方、Cl-はその反対の働きをします。
マイナスの電荷を有するCl-が入ってくると、細胞内はよりマイナスへと傾きます。

この状態では、多少の興奮性シグナル(Na+、Ca2+)が入ってきたとしても、細胞内はプラスへと転換されません。
つまり、神経興奮が抑制されます。

てんかん発作が起きているとき、異常な神経興奮が起きています。
この状態を治療するためには、「Na+・Ca2+などの興奮性のシグナルを抑える」
または「Cl-などの抑制性のシグナルを促進させる」ことを考えます。

ただ、ガバペンチン(商品名:ガバペン)の詳しい作用機序は分かっていませんが、
従来の抗てんかん薬とは異なる作用メカニズムを有すると考えられています。

興奮性の神経にはCa2+が通過するための輸送体(Caチャネル)が存在します。
ガバペンチンはCaチャネルを阻害することでCa2+の流入を抑え、神経伝達に関わる物質の放出を抑制します。

また、「Cl-の促進」に関わる物質が存在しており、これをGABAと呼びます。

抑制性の神経系にはGABAの流入に関わる輸送体(GABAトランスポーター)が存在します。
ガバペンチン(商品名:ガバペン)はこの輸送体を活性化させ、
抑制性神経系(GABA神経系)の機能を維持・増強させます。

ガバペンチン(商品名:ガバペン)は脳内のGABA量を増やすことも知られており、
これが結果としてCl-の促進に関与していると考えられています。


epilepsy-a2.jpg

 http://kusuri-jouhou.com/medi/epilepsy/gabapentine.html


プレガバリンについて
http://kusuri-jouhou.com/medi/pain/pregabalin.html






関連記事
2016/07/18 00:05 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: