> 遺伝、先天異常、骨系統疾患 新作問題 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
遺伝、先天異常、骨系統疾患 新作問題


異形成と関係のある先天異常はどれか。すべて選べ。

a Down症候群
b Sturge-Weber症候群
c Papillon-Lefevre症候群
d Gorlin-Goltz症候群
e Apert症候群


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


異形成と関係がある先天異常はどれか。すべて選べ。

a Down症候群
b Sturge-Weber症候群
c Papillon-Lefevre症候群
d Gorlin-Goltz症候群
e Apert症候群

正解 bd

Sturge-Weber症候群のtrias:
1)顔面血管腫
2)牛眼または緑内障
3)癩痴様痙攣

Sturge-Weber症候群は三叉神経支配領域に片側性に認められる場合が多く、
両側性は稀といわれている。

本症の成因については,未だ定説はないが,男女両性にみられ,典型例では遺伝的因子は認められず,
同胞内で単独に発症することが多い。
また, 先天的な血管の異常、すなわち胎生6週ころの血管の異形成に起因するとの報告もある。

参考文献:
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd1963/34/5/34_1252/_pdf

Gorlin-Goltz症候群

多発性基底細胞上皮腫(母斑)
 →基底細胞癌に将来的になる可能性があるということで、dysplasiaとの関連ありといえるのではないか。



以下のサイトに先天異常の特徴について各症候別に表にまとまっています。
参考にしてください。

AFTERFIVE ADVANCED: 症候群の特徴丸覚えリスト!
http://dental-basic.blogspot.jp/2011/10/blog-post_3360.html


参考記事

口腔外科 予想問題7:遺伝、先天異常、骨系統疾患

107, 108回歯科国試AC:口腔外科(先天、遺伝疾患)

108回歯科国試B:口腔外科(先天疾患)


関連記事
2016/07/28 00:37 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: